• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 【強制わいせつ・暴行】東大“鬼畜”サークルのおぞましい実態


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【強制わいせつ・暴行】東大“鬼畜”サークルのおぞましい実態


 東京大学の大学生や院生5人による集団わいせつ事件で、強制わいせつと暴行の罪に問われた同大4年、松見謙佑被告(22)の初公判が5日、東京地裁で開かれた。松見被告は罪状認否で罪を全て認め「自分勝手な行動で被害者を深く傷つけ反省しています」などと謝罪。この日は証拠調べで、主に事件関係者の調書が読み上げられたが、そこで明かされたのが、かつての早稲田大学の「スーパーフリー」をほうふつさせる東大“ヤリサー”のおぞましい実態だ。

 冒頭陳述によると、松見被告らは今年4月「誕生日研究会」なるサークルを設立。事件があったのは5月10~11日にかけての夜で、餌食にされたのは池袋であったサークル飲み会に参加した女子大生Aさんだ。

 1次会から巣鴨のサークルメンバー宅へ場所を移し、男たちは酔った彼女を全裸にし、鬼畜の限りを尽くした。

 松見被告はAさんの上に馬乗りになりキスをし、そのままの姿勢でカップラーメンを食べ始め、故意に麺を落とした。Aさんが激しく泣いたため、通報を恐れた東大生・河本泰知被告(22=強制わいせつ罪で起訴)が2人を引き離すと、Aさんは周りの制止を振り切り部屋を飛び出し、公衆電話から110番通報――これで事件が発覚した。

 Aさんは本人調書で、松見被告と同じ罪に問われた院生、松本昂樹被告(23)との関係を告白している。

「松本とは平成27年10月に知り合い、肉体関係もあった。私と付き合う気がないのは分かっていたし、松本にカノジョもできたので、友人として接していた」

 1次会でエロい雰囲気を作ったのは、この松本被告と東大生Iだった。

「池袋での集会は、遅れてきた松本とIが合流すると雰囲気が変わり、ゲームに負けると罰として焼酎を一気飲みさせるような流れになった。私は酔って寝たフリをしていたが、松本やIが『起きろ』と胸をつついたり、松本が『こいつマジで胸デカいから触っていいよ』などと言っていた。私は我慢して何も言わなかった。松見が背中に手を回しブラのホックを外した」

 2次会はパスして帰ろうとしたが、松本被告に「お前どこ行くんだよ」と引き留められたAさん。巣鴨のマンションでの暴行描写は実に赤裸々だった。

「松見が突然Tシャツをはいで、背後から胸をもまれた。ズボンもはぎ取られ、正座に前かがみになった。松本が私の背中を一発叩いたので、それにあおられたのか、松見も私の背中や尻をバンバン叩いてきた。この辺りから私は泣いていました。松見は割り箸で肛門をつついてきたりした。陰部にドライヤーを当てられたが、熱かったし意味が分からないので『やめて!』と言った」

 松見被告はじめサークルメンバーはみな調書で、このサークルの目的が「女性を酒に酔わせてわいせつな行為をすること」と供述している。また松見被告の調書によれば、松本被告はAさんのことを「こいつ俺のセフレだから、何でもしていいよ」と紹介。その松本被告は、自身の役割などについてこう白状している。

「私のポジションは被害者を泥酔させる目的で率先して飲ませたり、あおる役割だと思っていました。2次会では全裸にされた被害者がすすり泣いていたが、松見がその背中を叩き、私も被害者をみんなのオモチャにしよう、飲み会に引き続き参加させようと叩いた。松見はうずくまっている被害者をさらに足で蹴っていた。盛り上がってきて目的が達成できそうだと思ったので、外に出て交際相手と電話していた。部屋に戻ると被害者は大泣きしていたので『何泣いてんだよ』と言った」

 また4月18日にも、松本被告が「××を呼んでAV撮影しよう」と言いだし、河本被告宅で女性を酔わせセックスしたことが明らかに。こうした調書読み上げを聞く松見被告は無表情。眼鏡を掛け、なで肩に水色シャツとウインドブレーカーを羽織るその見た目からは想像もつかないが、酒が入ると豹変するのは彼自身も自覚していた。

「酒を飲むと理性も記憶もなくなることがあった。酔った行為で周りがどう思うか気にせず、楽しい飲み会を優先していた」(本人調書から)

 傍聴席にいた東大生によると「松見被告は確かに酒癖が悪く『彼が飲み会に出るなら欠席する』という声も聞いたことがある。カノジョもいたがセフレもいたという噂。保釈されているけど学校には姿を見せてない」という。

 事件では3被告ら5人が逮捕され、Iら2人は不起訴とされた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」
ボートレースとこなめで開催されるGIII「レディース笹川杯」の選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
兵庫若駒賞(26日、園田競馬場)

参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

東日本最大規模のポーカー大会・決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は平和島ボート・SG「ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!