• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 男の欲望を支えるフィリピンのコンビニ事情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男の欲望を支えるフィリピンのコンビニ事情


「EXTRA JOSS」は若者に人気の精力パウダー

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】フィリピンは、国民の平均年齢がなんと23歳で、出生率も高い。国のそんな“ギンギンパワー”を下支えしているのが、身近にあるコンビニだ。

「サリサリストア」という伝統的な雑貨屋は、よろず屋をしのぐ勢いでいろいろある。地場系のほか、日系のミニストップやローソン、またセブン―イレブンは小さな街でも必ず見かける。

 ビールや清涼飲料水など、日本製の商品も充実。親日的なお国柄で、好景気のフィリピンに進出する日系企業や“安くて近い”英語留学をする日本の若者が増えている背景もあるのだろう。そんななか「首都マニラやセブ島に無数にある、日本人向けのカラオケやクラブでハメを外す前、駐在員たちはまずコンビニに寄る」とは某商社マン。

「手頃な精力剤が売っているんだ。日本のコンビニでも普通にあるコンドームのコーナーに並んでいる。何種類かあるけど、有名なのが『R・bust』。2カプセル入りで263ペソ(約632円)。効き目もバッチリ。セックスの2時間前に飲むと、ちょうどいい頃合いで下半身に反応が表れる」

 精力剤としてひそかに知られるイカリソウの他、高麗人参エキスやイチョウ、筋肉・精力増強効果があるLアルギニンなどが含まれ、天然素材で安心なのだそう。コスパがよく、処方箋ナシで手軽に買えることを地元男性に教えてもらい、日本人駐在員に広まったらしい。

 水に溶かして飲む粉末タイプもいろいろあり、コンビニでは駄菓子コーナーのようになっている。小分けされたもの1つで50ペソ(約120円)前後。滋養強壮剤のように普段使いする地元民もいるそうだ。

 さらに、なんとコンビニで“バイブ”まで売っている。英コンドームメーカー大手「durex」の「play vibrations」なる商品で、お値段350ペソ(約840円)。前出商社マンも愛用者の一人だ。

「ビニール製の輪ゴムのようになっていて、これをサオにハメて使う。ゴムには小型装置が付いてて、そのスイッチを入れると激しく振動するんだ。この状態で挿入してピストンすれば、男も女も快楽が増すというわけ。リチウム電池で動いて、約20分持つ。切れたらまた電池を交換すればいいしね」

 コンビニで買えるこの簡易バイブは、現地日本人社会の間で隠れたヒット商品になっているんだとか。少子化に悩む日本も、エロ系の規制ばかりしていないで見習うべきだ。

☆室橋裕和(むろはし・ひろかず)=1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め周辺国も飛び回る。2年前に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!