• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > ソフトバンク「スマホ新料金プラン」発表の裏でNHKが法改正画策説

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク「スマホ新料金プラン」発表の裏でNHKが法改正画策説


 総務省のスマートフォン(スマホ)料金の引き下げ要請に対し、ソフトバンクが新料金プランを発表した。料金が安くなってもヌカ喜びとなりかねない。

 ソフトバンクが4月から追加するのは月のデータ通信量1ギガバイト以下、1回5分以内の国内通話し放題で月額4900円(税別)のプランだ。従来の最低料金はデータ通信量2ギガバイト以下、月6500円のプランで、1600円も安くなることになる。

 スマホは短期で各社を乗り換えするユーザーの方が長期利用者よりも割引の恩恵があるほか、データ使用量が少ない人には割高感がある点などが問題視され、安倍晋三首相(61)が昨年9月に「携帯料金が家計負担を圧迫している」とNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社に新料金プランの導入を要請していた。

 今回、ソフトバンクが応じたことで、他の2社も追随するとみられるが「値段が下がった」と喜々としていられるのは一時的かもしれない。

「受信料の徴収に伸び悩むNHKは放送とネットの融合を掲げ、スマホでの視聴環境を整えています。将来的にはスマホ契約者から受信料を強制徴収できるように政府・与党に法改正を働きかけているんです」(永田町関係者)

 既にNHKはネットでニュース配信、緊急災害時の中継などを行っている。また「テレビ放送のインターネット同時配信の検証実験」と題し、昨年はサッカーの天皇杯やフィギュアのNHK杯などを生中継するアプリを配信するなど、着々とスマホの“テレビ化”を進めている。

「現行のスマホの料金プランにNHKの受信料も加わった場合には高すぎるとなるので、できるだけスマホの料金は安くなった方がいい。政府のスマホ料金引き下げ要請は、NHK受信料徴収を見込んだスマホ料金値上げへの布石なんです」(同関係者)

 おいしい話にはやはり裏があるのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!