• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 矢ガモだけじゃない!渡り鳥に待ち受ける数々の試練

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢ガモだけじゃない!渡り鳥に待ち受ける数々の試練


 兵庫県伊丹市は29日、同市内にある昆陽池公園の池で見つかった矢が刺さったカモを捕獲した。獣医師が矢を抜き診断したところ、神経系に異常はなく、抗生物質を投与して公園内にある野鳥保護ケージで2~3日様子を見たあと、再び池に放すという。

“矢ガモ”が発見されたのは28日午後。とんだ災難に遭ったのはオナガガモとコクガンの2羽で、池のそばに長さ15センチの吹き矢のようなものが落ちており、色などからコクガンに刺さっていたものが外れた可能性があるという。伊丹市によれば、矢が左目の下から反対側に貫通していたオナガガモのみを捕獲・治療し、すでに矢が抜けていたコクガンはこのまま様子を見守る予定だ。

 オナガガモもコクガンも夏はシベリアや北極圏で繁殖し、冬に日本などに飛来して越冬する渡り鳥だが、渡り鳥が今回のような災難に遭うことは少なくない。1993年に東京を流れる石神井川で、今回と同じオナガガモの体にボウガンのようなものが貫通した状態で発見された。当時、ワイドショーなどがこぞって取り上げ、“矢ガモ”は社会問題に発展した。

 もっと恐ろしい事例もあるという。

「コミミズクというフクロウを撮影しようと多くのカメラマンが川沿いの道で撮影してたんですが、その近くではハンターがカモ猟を行っていたんです。そしたらハンターが『そこに突っ立ってんじゃねえ。撃つぞコラ!』と脅してきて…。よほど疎ましかったのか、後日、そのハンターはコミミズクを撃ち殺してしまったんです」(50代の野鳥愛好家)

 コミミズクは国が指定する狩猟鳥29種には含まれてはおらず、猟の対象にすることは明らかな違法行為だ。

 また、日本で繁殖する渡り鳥たちにも、こんな災難が…。

「夏に繁殖のために渡ってくるコアジサシの卵を中国人が持って行っちゃうんです。中国では野鳥の卵を食べる習慣があり、年々コアジサシの飛来数が減っています」(60代の野鳥愛好家)

 命の危険を賭して、はるばる数千キロもの長旅で日本にたどり着いたにもかかわらず、様々な災難に遭う渡り鳥たち。せめて、人間の故意による災難だけでもなくしてあげたいものだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!