• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 韓国で「ペット整形」流行の兆し

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で「ペット整形」流行の兆し


 整形大国・韓国で、今度はペット整形が流行の兆しをみせている。

 韓国で実施された人間の整形手術は2011年、件数は世界7位、人口1万人あたりの件数は世界最多となった。それが人間だけでなく、ペットへの施術も増加しているというから驚きだ。きっかけはあるモデルがテレビ出演した際、もともと目に障害があり手術を必要としたペットの犬に医者の勧めで整形も同時に行ったと告白し、二重まぶたでパッチリおめめの整形犬が紹介されたことだった。

 人間と同じように目を二重にしたり、脂肪吸引やボトックス注射までもペットに施すという動物美容整形医の見解は「ペットの外見を整えることは法にのっとった飼い主の権利」。

 だが、これは当然ながら「動物虐待。ペットは美醜を判断できないのに人間の身勝手」と批判が上がり、論争となっている。

 お隣の中国でも、約7年前に吉林省で「パンダ犬」が流行したことがある。チャウチャウ犬に毛染めをして、パンダそっくりに変身させるというものだった。
 一方で「犬の体を意図的に切断すること自体は世界中でこれまでにも行われてきた。それとどう違うのかという整形賛成派の意見もある」という。

 犬のブリーダー業界関係者は「断尾断耳がよく知られています。牧場犬が牛などに踏まれないようにするためとか、枝にひっかからないようにするためとかで耳を切る。闘犬などでは耳をかまれないようにするためや、強そうに見せるために、ドーベルマンやボクサーの耳を立つように切断します。英国では2007年に断尾が禁止されたことで、コーギーが絶滅の危機と発表されました。理想の形に作れなくなり、ブリーダーが減ったのが原因とされています」という。ただ、韓国のペット整形は、飼い主の意思による美容目的だけに、別の批判の的となりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!