• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 京都の紅茶王 「遺産バトル」の怪

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の紅茶王 「遺産バトル」の怪


 今年は大塚家具やロッテなど同族企業のお家騒動が大きくクローズアップされたが、「京都の紅茶王」と呼ばれた実業家・福永兵蔵氏(2005年死去、享年101)の20億円以上といわれる遺産をめぐる壮絶なバトルも大きな話題を集めている。その件に関して、新たな事実が本紙の取材で発覚。兵蔵氏の娘で、相続人の一人であるAさんが行方不明になっているというのだ。親族は先週、警察に行方不明者届を提出したという。

 兵蔵氏は1930年に京都でイギリス紅茶「リプトン」のティーショップ1号店を開いた。事業を軌道に乗せた兵蔵氏は67年に社名を「株式会社リプトン」から「株式会社フクナガ」に変更し、とんかつチェーン「かつくら」など飲食事業を全国展開。昨年の年商は60億円を超えている。

 兵蔵氏は2度の結婚で5人の子供、さらに婚姻関係になかった女性との間に娘の城生(しろお)真里さん(47)をもうけた。真里さんのことは、出生前に胎児認知している。この真里さんと、兵蔵氏の後を継いだ後妻の長男・福永晃三氏らの間で二十数億円ともいわれる遺産をめぐり、2007年から法廷闘争が繰り広げられている。

 発端は兵蔵氏が死去した後、真里さんのもとに晃三氏から一通の内容証明が届いたこと。真里さんの遺産相続分は「7万8002円」で、それ以外の権利がないとする「債務不存在確認」の文書だった。遺産の金額に対して相続分があまりにも少ないため、真里さんは債務不存在確認に応じなかった。

 その後、晃三氏は、真里さんを相手取り債務不存在確認請求訴訟を起こした。真里さんも09年、逆に晃三氏らを相手取って遺産請求訴訟を起こす。翌年には3000万円の和解案が出されたが不調に終わり、13年に京都地裁は「真里さんが受け取るべき遺産額を588万7121円」とする判決を下した。これを不服とした真里さんは、大阪高裁に控訴。現在も係争中だ。

 この顛末はワイドショーに取り上げられるなど大きなニュースとなったが、まだ表に出ていない事実もある。兵蔵氏と前妻の間に生まれた長女・Aさんの行方が分からなくなっているというのだ。真里さんは裁判をする中で、他の異母きょうだいとは顔を合わせたが、いまだにAさんとは会っていない。

 真里さんと、真里さんの母によると、Aさんは生後間もなく、実母(前妻)とともに家を出て行かざるを得なくなった。その後は福永家との接点はほとんどなかったが約15年前、Aさんが64歳の時に困窮して福永家を頼ったという。1年ほどフクナガの経営する店で働いていたが、65歳になるとそれも終了。生活のために、その後は清掃業などで働いていたようだが、この10年ほどは行方が分からない状態になっている。戸籍は存在しており、死亡届も出ていないという。

 裁判の件に絡んで一昨年、真里さんの弁護人がAさんの住所地を訪れたが、応答はなかった。Aさんの子息に手紙を出しても戻ってきたという。方々捜したが、まったく手がかりはつかめなかったため、先日、真里さんは母とともに地元の警察署である京都府警に資料を提供した上で行方不明者届を提出、その場で受理されたという。

 真里さんは「(Aさんは)嫡出子ですから、私みたいに婚外子と違って、待っていても権利があるんですよ。しかも生活も苦しい。普通ならば名乗り出てこなければおかしいです。Aさんは、私みたいに争わなくてもいいのだから『どうされたんでしょうね?』と心から思う。かなりかわいそうでお気の毒な方。母は『とにかくかわいそうだ』と、その一点張りでした」

 確かに兵蔵氏が死去したことはニュースとして報じられており、亡くなったことに気付かないとは考えにくい。真里さんは「本当のところ、何も分からないんですよ。倒れられて突然、死なれてしまったのか…」。

 それにしてもAさんはいったいどうしたのか? 安否が心配される。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!