• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 無人飛行機ドローン運用でロボット監視時代到来か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無人飛行機ドローン運用でロボット監視時代到来か


茨城県が4月1日から導入するドローン(茨城県庁撮影・提供)

 茨城県が1日から県内の不法投棄対策で、空中から監視・撮影が可能な無人飛行機ドローン(カメラ付きラジコンヘリコプター)の運用を始めた。自治体が監視目的でドローンを導入するのは、首都圏では初の試みとなる。街中をドローンがパトロールする“ロボット監視時代”が到来目前だ。

 茨城県が導入するドローンは中国DJI製「ファントム」。直径約40センチ、重さ約1・2キロで、4つのプロペラを駆使し、空中を自在に飛び回り、静止もできる。地上からリモコンで操作し、1回で約25分間、飛行が可能だ。価格は約20万円。

 環境省によれば、茨城県は2013年度の不法投棄件数・量でともに全国ワースト1位の不名誉に輝いている。茨城県廃棄物対策課は「(ドローンで)監視を強化することで、不法投棄を抑止し、早期発見につながる」と話す。

 これまで不法投棄が疑われる場合、立ち入り検査や行政指導で対応してきたが、広大な山の死角に不法投棄物が隠されたり、四方が高い壁に囲まれた場所では地権者が不明で、日中は人の出入りがなく、暗闇に常時、不法投棄されるケースがあるなど手を焼いてきた。

 ドローン導入でどう監視していくのか?

「地上からは把握できない場所でも空中から中が見える。公道などからドローンを上空に飛ばし、敷地外から定点観測し、廃棄物が持ち込まれている場合はゴミの山が大きくなっていくなどが分かる。山が大きくならないうちに行為者を探し出し、指導していく」(同課)

 敷地内を飛行しないのは不法侵入やプライバシー侵害など法に抵触する恐れがあるからだ。また、ファントムは最大高度700メートルまで飛行可能だが、航空法で航空路外では高度250メートル以下、航空路下では高度150メートル以下の飛行制限もある。

 同課は「(ドローン運用は)必ず複数人以上で行い、記録画像には個人情報が入ってくるので外には出さない。また不法行為をその場で発見したとしてもドローンで追っかけるようなことは想定していない」と説明する。

 茨城県のドローンは、従来の防犯カメラの設置位置が高くなるというイメージだが、民間警備会社では、侵入者を追尾する防犯ドローンの開発も進められている。

 ほかにもドローンは映画・動画撮影、荷物運搬や農薬散布、人の立ち入りが難しい高所や危険箇所のインフラチェックなどに使われ、長野県警では、事件や交通事故現場での見取り図作成にドローンが運用され、“空の産業革命”とも言われている。

 操作ミスや機体トラブルで墜落、衝突のリスクは避けられないが、対人、対物等のドローン保険も販売されている。茨城県が監視目的でのドローンを導入する事実は大きく、政府もドローンが運用しやすい法整備を早急に進めている。

 また、ドローンは事前に設定した経路や高度に沿って自動で飛行するようプログラムすれば、人が操縦する必要がない。

 SF映画のように無数の監視ドローンが、上空を飛び交う日もそう遠くはなさそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!