• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > スケープゴートにされた?中山外務副大臣

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケープゴートにされた?中山外務副大臣


 スケープゴートにされたのか。イスラム過激派「イスラム国」による日本人人質殺害事件で、ヨルダンの現地対策本部長だった中山泰秀外務副大臣(44)がバッシングに遭っている。「パニックになって外務省職員を怒鳴り散らした」「日本に電話をしてコメを送らせた」「名前がアラビア語で卑わいな意味だった」など、脱力してしまう内容ばかり。しかし、真実は官僚によるリークでスケープゴートにされている可能性が出てきた。

 帰国した中山氏は「(現地で)『対策本部の部屋の中に、国民の皆さんが座って観てくれているという気持ちを常に持ちつつ、それぞれに与えられた業務を遂行して下さい』とお話をさせて頂きました。(中略)国民の皆様に観られても恥ずかしいことは一つも無いということだけは、現地対策本部を代表して申し上げておきたいと思います」とフェイスブックに書いていた。

 だが、ボコボコに批判されている。現地から「コメを送れ」と電話するなど緊張感に欠けていたとか、パニックになって外務省職員を怒鳴りまくったなど、言われ放題。実際はどうだったのか。

 現地事情を知る関係者は「中山氏がヨルダンで職員を叱ったのは1回と聞きました。湯川遥菜さん殺害後、対策本部で改善点を話し合ったらしいのですが、その報告を日本にする、しないでいろいろあったようです」と明かす。改善点は中山氏主導で作成されたが、外務省職員としては報告されたくなかったという。「改善」は、それ以前には間違いがあったと認めることになるからだ。

「コメを送れ」という電話も事情が違っていた。「中山氏の事務所が『何か差し入れをしましょうか』と電話をしてきて、中山氏が対策本部職員らに『何か欲しいものある?』と聞いた。『白米が食べたい』という人もいたので『サトウのごはん(レトルト米)でも送って』と事務所に答えたのが、日本では中山氏が米を欲しがったと伝わっているのでは?」(前出関係者)

 中山氏はヨルダンのアブドラ国王と2回会談するなど、ヨルダン側との交渉を重ねた。その際に「日本・イスラエル友好議員連盟」所属であることが問題だったとも。

 中東事情に詳しいジャーナリストは「ヨルダンはイスラム教だから、親イスラエル議員では障害になるという理屈でしょうが、ヨルダンにはイスラエル大使館があります。つまり国交があるわけで、両国の仲が悪いわけではありません」と話す。

 より問題なのは、名前の「ナカヤマ」が現地のアラビア語で「毎日性行為する」という意味に聞こえることだった。「それでも交渉相手に笑われたという話は聞いていません」(前出の現地事情を知る関係者)

 永田町関係者は「一連のバッシングは批判の矛先が外務省に向きそうなのを、中山氏に向かわせようという意図を感じます。田中真紀子氏の外相更迭騒動を思い起こします」と指摘する。2001年に外相になった田中氏(71)は会談ドタキャンや指輪紛失騒ぎなどで批判を浴び、更迭された。

「実は当時、田中氏の秘書官を務めた外務省担当者が、安倍首相の中東歴訪から今回の拘束事件の対応すべてに関わっているのです。現場から改善点を指摘され、高級官僚のプライドを傷つけられた恨み返しに、中山氏をいけにえにしたと考えれば合点はいきます」(前出の永田町関係者)。10年以上たった今でも、真紀子氏が言ったように外務省は伏魔殿のようだ。

 中山氏を直撃すると、「対策本部はチームとして政府一丸となって緊張感を持って取り組みました。みんなよく頑張り、すばらしいチームでしたよ。お二人を救えなかったことについては、力不足で悔しく思っています」とだけ話した。今後の検証で真実が明るみに出るのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!