• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > “障害者のセックス映画”公開の理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“障害者のセックス映画”公開の理由


 車椅子に乗る2人の身体障害者の性に関する話などを追ったドキュメンタリー風映画「マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画」が14日から東京・渋谷の映画館で公開される。

 監督はソニーミュージック所属アーティストのPVやドキュメンタリー映画などを手がけてきた映像ディレクターの佐々木誠氏。テーマはマイノリティーとされる人々とマジョリティーとの境界は誰が決めるのか、だ。

 劇中に登場する車椅子の重度身体障害者、門間健一氏と熊篠慶彦氏は佐々木監督の古くからの友人で、別の友人に2人のことを話したのが製作のきっかけになった。

「2人は僕より欲望に対して正直だった。熊篠さんは障害者の性的な部分を支援する特定非営利活動法人の理事長です。僕は2人と普通に性関連の話をしていたんですが、10年ほど前、地元の友人に2人のことを話したら『え! 障害者がセックスするの?』と驚かれた。僕はその反応に驚き、ショックを受けた」

 性欲があることは人として当たり前だが、世の中には障害者に一方的に“天使性”を求め、性的な部分を見ようとしない人もいるという。

「障害者を特別な目で見ることに疑問を持ってほしい。僕は2人とあるイベントで会い意気投合したんですが、そこにいた他の障害者とは仲良くなっていない。仲良くするかどうかって、趣味が同じか、気が合う合わないかで、障害者か健常者かは関係ない。障害者だからと心の中で引いている境界の根拠は何? 誰が決めたの?と考えてみてほしい」

 佐々木監督はあえてフィクションと実話を交ぜ合わせた。「ベースはドキュメンタリーで、実在の人物が自分の言葉で語っていますが、ところどころフィクションが入ります。その境界は明示していません」。上映後にはトークショーで、ドキュメントと見せかけたフィクション部分などを一部明かす。「作品全体で“疑う”ことを提示する仕組みです」という。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!