• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 六本木クラブ襲撃事件の主犯格 「残虐王子」潜伏先ホテル特定か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

六本木クラブ襲撃事件の主犯格 「残虐王子」潜伏先ホテル特定か


事件当時の現場クラブ。間もなく閉店した

 2012年9月に起きた六本木クラブ襲撃事件の主犯格として国際手配されている暴走族グループ「関東連合」(解散)の元メンバー見立真一容疑者(35)の周辺が、にわかに騒がしくなってきた。同容疑者は事件後、海外に逃亡。有力な手掛かりもないまま、2年以上が経過したが、ついに捜査当局が潜伏先を特定したという。そこはフィリピンの首都マニラ。すでに現地警察と連携し、身柄確保に向けた最終段階に入ったという情報もある。年の瀬に「残虐王子」の異名を持つ男の逮捕はあるのか。

「あの事件を絶対に風化させてはならない。その一心で当局は捜査を続けている」と語るのは警察関係者だ。

 2年前の9月2日未明、東京・六本木のクラブ「フラワー」(閉店)のVIPルームに突如、目出し帽をかぶった10人ほどの男が乱入。持っていた金属バットで客の藤本亮介さん(31=当時)を袋叩きにし、殺害した。死因は頭蓋骨損傷による失血死または脳幹部損傷。時間にしてわずか数分の出来事だった。

 その後、事件に「関東連合」の関与が浮上。元リーダーの石元太一被告(33)ら計18人が逮捕され、藤本さんは敵対するグループの中心メンバーと間違えて殺されたことが判明した。

 そんななか、犯行を指示した主犯格の見立容疑者は捜査の目をかいくぐり、国外に逃亡。警視庁は13年2月に殺人および凶器準備集合罪などで国際手配した。

「渡航記録から、まずフィリピンに向かったことは分かったが、その後の消息は全く分からなかった。フィリピンからタイやカンボジアに渡ったという話や、日本に極秘帰国したという情報も流れていた」(同)

 見立容疑者は、対立相手を完膚なきまでに叩きのめすことから「残虐王子」の異名を持つ。同容疑者を知る人物は「警戒心が強く、頭もキレる。関東連合で上下関係は絶対で、後輩ならば(見立容疑者の)命令に背くことはできない」と話す。

 こうした“鉄の結束”もあり、当局は同容疑者の海外逃亡を手助けした人物がいると見ている。

「フィリピンに土地勘があり、現地へ渡った見立容疑者に身を隠す場所を提供し、身の回りの世話をしているグループがいる。日本人ではなく、フィリピン在住のグループだ。男性ではなく女性の可能性もある」とは別の警察関係者。

 とはいえ、逃げ回ること2年。警察の捜査におびえながら日々生活するのは肉体的にも精神的にも限界がある。今月に入ると、現地の複数のコーディネーターの間で容疑者の潜伏先について具体的な情報が飛び交うようになったという。現地事情に詳しい人物が明かす。
「見立容疑者が潜伏しているのはフィリピンの首都マニラにあるホテルの一室といわれている。部屋には複数の人間が出入りしているようだね。コーディネーターの間では『あそこに日本で悪さをしたヤツがいる』と噂になっているよ」

 そのホテルは、指名手配犯の潜伏先とはとても思えないほどの場所にある。まさか堂々とセレブ生活を満喫しているのだろうか…。

 こうした情報は当局の耳にも入っており、一説には「すでに日本の捜査員が現地に飛び、見立容疑者の姿を確認。現在、現地の警察と最終的な段取りを打ち合わせているところ」(同)という。これが事実なら、同容疑者の逮捕は時間の問題。早ければ年内にも身柄確保となる可能性もある。

 冒頭の警察関係者は「よくよく調べたらガセだったということもあるので注意が必要だが、いまは祈るしかない。亡くなった藤本さんの親族には警察OBがいて『こんな理不尽な殺され方あるか!』と怒り心頭だったそうだ。警察のメンツにかけても、徹底的に捜査していくだろう」と話す。

 年の瀬に電撃逮捕はあるのか。捜査の進展を見守るしかない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!