• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 田中真紀子氏 不出馬の理由は準備不足か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田中真紀子氏 不出馬の理由は準備不足か


真紀子節はもう聞けないのか

 民主党の田中真紀子前衆院議員(70)が、12月の衆院選出馬を見送る。

 すでに党から公認を得ていたが、20日までに海江田万里代表(65)に「今回は立候補しないが、政界を引退したわけではない。機会があればまた政治の仕事はやる」と伝えたという。

 田中氏は父の角栄氏から地盤を継ぎ、選挙は強いはずだった。しかし、2002年に秘書給与流用疑惑が発覚し、議員辞職。これがミソのつき始めで12年12月の衆院選では比例復活もできないほど完敗した。

「13年の参議院選挙への出馬を模索していたほど、政界復帰の意欲があったのですが、どうしたのでしょうか」(永田町関係者)と驚く人もいる。選挙への準備不足との指摘もある。

「東京にいて地元にそんなに帰っていなかった。選挙はまだ当分先というムードもあったので、油断していたのでは。新潟5区では自民党の長島忠美氏が支持を広げており、今からでは間に合わないと判断したのでしょう」(別の永田町関係者)

「小渕さんがお陀仏さんになっちゃった」「外務省は伏魔殿」などの真紀子節から国民の注目を浴びたにもかかわらず、最近は表舞台に出てくることもなかった。

「今年春には死亡説まで流れていました。具体的にどこどこの病院に運ばれたとか、やたら具体的だった。結局、デマでエープリルフールのジョークとして片付けられたのですが、それほど表舞台で活動をしていなかったということ」(政府関係者)

 政界引退はしないというが今後の活動は不透明だ。現在、地元企業の越後交通会長と東京造形大学の客員教授をしている田中氏は「仕事の状況をかんがみて立候補は難しい」と党に説明したという。このまま忘れ去られてしまいそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!