• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > LINEスキャンダルの山本景府議に“神風”吹いた

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEスキャンダルの山本景府議に“神風”吹いた


復活した山本府議

 女子中学生とのLINEやりとりが問題になった大阪維新の会の山本景府議(34)が、まさかの高笑いだ。大阪維新の会府議団は22日、当初の除団処分を軽減、離団命令にとどめることを決めた。その理由は「違法行為ではない」からとしたが、実際は見切りをつけたはずの山本氏がここにきて息を吹き返したことにあるという。「ロリコン府議」とまで呼ばれた男に一体何が起きたのか?

「山本府議に神風が吹いたんです」――。こう語るのは支援者の一人だ。

 山本氏は先月上旬、無料通信アプリ・LINEを通じた女子中学生とのやりとりで、威圧的なメッセージを送ったとしてトラブルになっていたことが発覚。頭を丸め謝罪したものの、所属する大阪維新の会府議団は最も重い除団処分を宣告し、これに同氏が不服を申し立てていた。

「除団処分は永久追放で今後の政治家生命に影響を及ぼす。山本氏は『除団は重すぎる』と情状酌量を求めていましたが、府議団は聞く耳を持ちませんでした。“あの日”が来るまでは…」(同)

“あの日”とは今月7日に投開票された交野市長選だ。当初、同市を地盤とする山本氏は出馬を予定していたが、LINEスキャンダルであえなく断念。自民党など複数の政党から推薦を受ける現職の中田仁公氏(67)の4選が濃厚とされたが、ここで山本氏は賭けに出る。舞台裏を知る関係者の話。

「中田市長派がスキャンダルをリークしたと思い込んでいた山本氏は、どんな手を使っても再選を阻止しようと動いた。そこで親交のある市議会議員の黒田実氏に市長選出馬を持ち掛けた。全面バックアップを約束された同氏はそれに乗せられ、出馬した」

 いわば黒田氏は山本氏の影武者。そのことは大半の有権者も承知していたが、何が起きるか分からないのが政治の世界。なんと、無名に近い黒田氏が127票差で中田氏を破り、新市長となったのだ。

「中田氏の4選を嫌う声は多かったが、まさか黒田氏が勝つとは…。山本氏が小躍りしたのは言うまでもありません。これで一気に彼は息を吹き返した」(同)

 黒田新市長と蜜月関係の山本氏はいまや交野市の顔。調子に乗るのも仕方がなく、16日には自ら維新の会に離党届を提出した。これに激怒したのが同党関係者だ。

「除団処分は重いとダダをこねておきながら、神風が吹いた途端に『もう維新の力は必要ない』とばかりに離党届を出してきた。ナメ切っている」
 とはいえ、来年4月に大阪府議会議員選挙を控える維新の会としても、復活した山本氏を無視できないのも事実だ。

「交野市の定数は1。イケイケの山本氏は次期選挙も無所属で出馬する見込みだ。地元でマメに活動している山本氏は、実は有力候補。維新の会としては除団処分を強行して険悪になるより、離団命令に軽減し、さらに次期選挙で山本氏のいる交野市に対立候補を置かないことで貸しを作った方が得策と考えた。当選すれば、維新に再合流もある」(同)

 ただ、山本氏も山本氏で、周囲に「除団なんてできっこない」とタカをくくっていたという。ひと月前まで「ロリコン府議」と呼ばれた男が、いまや維新相手に“上から目線”で渡り合う。政治の世界はつくづく分からないものだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!