• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > <韓国船沈没事故>安月給が招いた悲劇か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<韓国船沈没事故>安月給が招いた悲劇か


<韓国船沈没事故>積載オーバーは安月給の“穴埋めバイト”のためか? 事故発生時、真っ先に逃亡し、海洋当局に業務上過失致死容疑などで逮捕された船長イ・ジュンソク容疑者(68)に批判が集中している。

 同容疑者は、大型船を動かす船長職だが、実は非正規労働者で薄給。小遣い稼ぎに忙しく、安全管理も怠っており、それら二重三重の不正が大惨事を招いた可能性がある。

 21日の韓国紙「朝鮮日報」によると、船長は1年契約の非正規労働者で月給は270万ウオン(約27万円)。これは、他の船会社社員の6~7割程度だったと指摘している。また、当局は、セウォル号が海運組合に出した報告と実際の重量を比較すると、貨物500トン、車両30台の水増しが判明している。

 太平洋航路の船長を経験した60代の男性は「過積載で小遣い稼ぎをしていたのではないか。船長権限で不正をやるやからはいた。船底にあるバラスト水を捨てて、その分、荷物を余計に載せれば、儲けが増える。日本ではあり得ないが、アジア各国では船長権限でやっている船がある。当然、儲けは船長の懐に入る」と衝撃の実態を語る。

 バラスト水とは、船体の上下左右のバランスを取るために積載する、おもりのような水のことで、セウォル号の船底にも積載タンクがあったという。タンク内にバラスト水が入っていたかどうかは不明だが「テレビの報道を見ると、甲板上に積んだコンテナが気になる。バラスト水を捨て、上に重い荷物を載せると、頭が振られて安定しにくくなる。そもそも車両をワイヤで固定しないってこと自体が日本では考えられない」と、前述の船長経験者はあきれた表情で話していた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!