• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > <STAP細胞論文騒動>“隠密行動”若山教授は反撃準備

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<STAP細胞論文騒動>“隠密行動”若山教授は反撃準備


 このままではいられないはずだ。「STAP細胞」論文をめぐる騒動で、一転して黒幕扱いされている共著者の若山照彦・山梨大教授(47)が、隠密行動を取っている。

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(52)が会見した16日には「共著者の一人として自責の念を覚える」とのコメントを発表し、研究室にも来ず、療養中とされていた。

 17日も「若山先生は本日もお休みしています。実は昨日から3日間の休みを取られています。理由を申告する必要はないので直接は確認しておりませんが、『体調がすぐれない』と伝え聞いております。来週はどうなるかはまだ聞いておりません」(山梨大の広報)。

 この3日間は大学で講義はなく、休みやすいタイミングだった。

 若山氏が論文撤回を他の共著者に呼びかけたことが判明したのは3月10日のこと。小保方氏が“敵意”を表に出したのは今月9日の会見とその後、報道各社に送った補充説明文。若山氏に責任をなすり付けるような表現があった。笹井氏も会見で、実験データや研究ノートのチェックは若山氏がやっていたはず、と責任を投げた。

 これまで両氏は調査中であることと体調不良を理由に説明を先延ばしにしていたが、いざ会見となると入念な準備をしていた。笹井氏は詳細な資料を用意し、小保方氏は「入院してるのに巻き髪する余裕はあるんですね」(40代女性)と皮肉られるほど。

 同じく体調不良という若山氏も、この3日間で反撃準備をすることは可能だ。理研は若山氏の会見に消極的だが、山梨大広報は「会見の意向は聞いていませんが、やるのならどちらが会見の仕切りをするかは先生の考えによります」と、場合によっては山梨大が仕切ることもありうるという。どんな反論をするのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で開幕中!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!