• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 元CA作家が語る「ミニスカ制服のリスク」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元CA作家が語る「ミニスカ制服のリスク」


元CAで作家の蒼井凛花氏

 航空会社のスカイマークは1日、神戸―仙台線の運航を開始した。神戸と東北を結ぶ路線の就航は2009年3月に全日空が休止して以来、5年ぶり。1日2往復で片道約90分。運賃の安さが強みで片道1万9900円、早割なら最安7900円で利用できる。

 また、1日から新たに就航した米子と札幌、羽田、那覇をそれぞれ結ぶ3路線と、神戸―仙台の路線の客室乗務員(CA)が同日に限り、ミニスカートの新制服を着用しサービスした。

 官能小説「欲情エアライン」(二見文庫、発売中)の著者で、元CAの蒼井凛花氏はこう語る。

「すごいミニですものね。緊急時の迅速な対応が可能か不安になります。まずEM(緊急)時に迅速な対応ができるか、心配です。乗客を誘導し、脱出シューターでの脱出にスカートを意識してしまう危険があります。そして、上の棚の手荷物収納の際、スカートの中が見えてしまいそうです」

 男性客にとってはうれしい制服だが、「女性のお客の反感を買うリスクもあるでしょう。CAたちは女性客に不快な思いをさせぬよう、ピアスの直径や指輪の太さまでしっかり決められています。ミニスカは男性は『一度は乗ってみたい』という興味を抱くでしょうけれども」と指摘した。

 小説では「職場で礼節を求められるCAは、プライベートでは性に貪欲な女性が多い。いつ命を落とすかわからない職業柄だろうか」として、淫靡な官能小説を書いている蒼井氏だが、ミニスカ制服については冷静だ。

 スカイマークは日本の航空会社で初めてエアバスの中型機A330の導入を決め、5月31日から羽田―福岡、9月から羽田―那覇、来年1月から羽田―札幌に投入。これら路線のPRのため就航から半年間、CAがヒザ上約15センチの青いミニスカートの制服を着用する。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!