• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 小保方氏パロディー記事で朝日新聞「ウソうだん室」打ち切り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小保方氏パロディー記事で朝日新聞「ウソうだん室」打ち切り


 朝日新聞のウェブ版にSTAP細胞問題で渦中にある小保方晴子氏のパロディー記事が掲載され、即日削除された騒動で、コラムニスト今井舞氏の連載「ウソうだん室」が打ち切りとなった。

「ウソうだん室」は、今井氏が有名人の架空の悩みをQ&A形式で答える連載コラム。3月24日掲載分では、小保方氏がSTAP細胞問題で「人としての感覚が麻痺していたとしか言いようがありません」と陳謝し、「大人AKB48」へのエントリーを打ち明ける完全パロディーだった。

 ネット上では「ウソと前置きしていても看過できない」と非難の声が殺到し、朝日新聞は「不適切な内容と判断した」と記事を即日削除し、26日にはおわびを掲載していた。

 連載は2月にスタートし、1回目に佐村河内守氏(50)、2回目に米俳優レオナルド・ディカプリオ氏(39)が登場。佐村河内氏は「記者会見のことを考えるともうつらくて、つらくて。このままではストレス性難聴になってしまいそう」とブラック過ぎる悩みを打ち明ける内容だった。先月26日時点では、「連載の今後は未定」として、バックナンバーも掲載されていた。

 ただ、小保方ウソ記事問題での反響は大きかったようで、1日までにバックナンバーも含め、連載記事はすべてが削除された。

 朝日新聞広報部は1日、「今後の継続は困難と判断し、連載を中止しました。連載第1、2回の掲載も取りやめました」と説明し、連載自体も打ち切り処分とした。

 エープリルフールに掲載していても炎上必至だった今回の騒動。たった3回での打ち切りは、朝日新聞グループ「週刊朝日」で、人格攻撃による連載中止に追い込まれた“ハシシタ騒動”と重なる“オボカタ騒動”となった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!