• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > オウム裁判で改めて明かされた平田被告の親バカ「ウサギ愛」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オウム裁判で改めて明かされた平田被告の親バカ「ウサギ愛」


 目黒公証役場事務長拉致事件など3事件で逮捕監禁罪などに問われ、先日、懲役12年を求刑されたオウム真理教元幹部平田信被告(48)の裁判で「ウサギ愛」が話題になったのは、あまり報じられていない。

 平田被告と元信者の同居女性Sさんは、逃亡中の2000年にウサギを購入。11年8月13日に死ぬまで「子供のように」愛を注いだ。その写真が2月20日の公判で公開された。立ち耳で毛色は青みがかったグレーと白の混合で「ネザーランドドワーフ」とみられる。絵本「ピーターラビット」のモデルとされる、価格相場が3万~8万円の人気種だ。

 写真は、あおむけのSさんの胸の上に乗ったウサギや、2羽のウサギイラストプリントTシャツを着た平田被告が、ウサギを腹に抱いたもの。拉致事件当時に革ジャン姿でコワモテだった面影はない。

 ウサギは、個体差はあるが、抱き癖をつけて慣れさせればなつく。自称「引きこもり」の同被告は、ウサギと気持ちを通わせる時間は相当あったに違いない。

 トイレから這い出てきた瞬間のウサギの写真も公開されたが、平田被告は「トイレに入るときもずっとついてきてドアの下から入ってきた」と、親バカぶりを示した。

 飼育費用は「月に1万円かからないくらい」とも話したが、医療費を除けば月の食費は3000円ほどが普通で、かなりのオヤツやオモチャを買い与えて溺愛していたとみられる。なけなしの稼ぎ(Sさんの月給10万円)からウサギにかけた金額にも愛を感じる。

 ある不動産管理会社関係者は「ペット飼育禁止のマンションでウサギをこっそり飼う人は多い」と話す。同じく逃亡していた元信者菊地直子被告(42)もウサギを飼っていた。鳴かないし、体臭もほとんどしないウサギは潜伏生活を送る逃亡犯の心の支えになっていたようだ。

 外出しなかったとされる平田被告だが「Sさんのいないときに、近所を出歩くことはあった」とも証言。こっそり“兎(う)散歩”していたかもしれない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!