• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 後を絶たないエイズ検査目的の献血の実態

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後を絶たないエイズ検査目的の献血の実態


 恐れていたことが起きてしまった!「エイズが心配なら、献血するとソッと教えてくれる」。こんな悪質な噂に乗っかった男性のHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染血液が、検査をスリ抜け、2人の患者に輸血されてしまった。うち1人は、HIV陽性に。実は、エイズ検査目的の献血は後を絶たないという。身に覚えのない患者にエイズウイルスを感染させる悪質な献血は、いってみれば“無差別血液テロ”に等しい。こんなテロリストたちには今後、厳しい刑事罰が与えられるかもしれない。

 問題の血液を献血したのは40代男性。11月上旬に献血した際、日本赤十字社による献血血液の安全検査でHIV感染が判明したが、輸血に使われていなかった。男性は2月にも献血しており、日赤が保管検体を調べたところ、HIVが検出された。2月の血液は安全検査をスリ抜け、2か所の医療機関に提供されて患者に使われた。1人の患者はHIV陽性反応を示し、もう1人の患者は検査中だ。

 輸血された血液は感染初期のもので、ウイルス量がごく微量のため検出できない「空白期間」だったとみられる。HIVの場合、この空白期間は平均40~50日。つまり感染後2か月ほど経過しないと血液から陽性反応は出ないということだ。

 日赤などの聞き取り調査に対し、男性は2月の献血の約2週間前に、感染リスクのある性的接触を持ったと認めた。献血時の問診ではこの事実を伏せ虚偽の回答をしており、厚生労働省はHIV検査目的の献血だったとみている。

 献血でHIV陽性が判明した場合、日赤から通知されることはない。ただし、担当する医師は別だ。厚労省の血液対策課によると、「献血を担当した医師が個人的に『治療してほしい』という理由で連絡することについて、日赤が止めることはできない」。

 献血者からHIV陽性者が出る人数は、ここ10年で年間70~100人。献血者10万人当たりでは1・5~2・0人だが、「感染者の人口は欧米より少ないのに、この数は欧米に比べて桁違いに多い」(同課)。

 つまり、献血でHIV検査をしてしまおうという人間が日本ではあまりに多いのだ。日赤広報も「いまだにHIV検査目的で献血に来る人はいる」と話す。保健所では無料・匿名で検査できるが「心理的に行きづらい」というバカな声が多い。

 いずれにせよ、発端となった男性は最初からしかるべき施設で検査するべきだった。もちろん検査献血も自分の体が心配で行うもので、他人に感染させることが目的ではない。だが、何の落ち度もない患者が命にかかわる病を引き起こすウイルスをうつされたことになる。結果を見れば“血液テロ”だ。しかし、こんな“テロリスト”たちは現状では罰せられることはない。

「シンガポールなどでは、献血で意図的にHIV検査する者に罰則が与えられます。日本国内でも『法整備をして刑事罰を与えよう』という意見もあります」(同課)

 一方で、ほとんどの献血者が善意の人なので、罰則は行き過ぎという声もまた大きい。

「病院の検査に通うヤリチン・ヤリマン」と「遊びはほどほどだが、検査に行ったことのない男女」。HIVをバラまくのは後者。早急な意識改善が必要だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!