• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 五輪決定圧勝劇の裏 北朝鮮が「4票」に協力

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五輪決定圧勝劇の裏 北朝鮮が「4票」に協力


ページ: 1 2

 神風は誰が吹かせたのか? 7日(日本時間8日)にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2020年夏季五輪開催都市が東京に決定した。福島第1原発の汚染水問題で逆風が吹きまくるなか、トルコ・イスタンブールとの決選投票では60票―36票と圧勝する予想外の展開。大逆転招致の舞台裏では、日本を敵視してきたあの国がなんと「4票」も入れてくれたのだという。

 

 誰もが予想しなかったまさに大逆転の圧勝劇だった。数日前まで「東京がリード」と報じられながら、福島第1原発の汚染水問題が浮上したことで、東京の売りだった安全面の評価がガタ落ちした。逆にフェリペ皇太子(45)がロビー活動に奔走するスペイン・マドリードが猛追しているとされ、形勢が逆転したかに見えた。

 ところが、ふたを開けてみれば1回目の投票で東京が42票を獲得。最下位を決める投票でライバルと目されたマドリードが落選すると、イスタンブールとの決選投票では60対36と大勝した。気品と知性があふれ出た高円宮妃久子さま(60)のスピーチや、安倍晋三首相(58)の説得力ある演説が功を奏し、もともとあった信頼を取り戻した模様だ。

 前回の2016大会招致に失敗した反省を生かし、東京は招致のカギを握るロビー活動から徹底して見直しを図った。その力の入れようは「前回とは比べものにならない」(招致関係者)。政財界、教育界、スポーツ界すべてのレベルで大々的にIOC委員への働きかけが行われた。そんななか「われわれ日体大は、11票に貢献したと自負している。アジア、アフリカからの票固めに協力しました」と目を細めたのは、日体大の松浪健四郎理事長(66)だ。

 

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!