• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > “影武者”鈴木宗男氏が悔やんだ“タスキリレー”の失敗

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“影武者”鈴木宗男氏が悔やんだ“タスキリレー”の失敗


タスキもなく選挙戦を戦った鈴木宗男氏

 参院選に選挙区と比例代表で合わせて11人の候補者を擁立したものの、当選者ゼロに終わった鈴木宗男代表(65)率いる新党大地が25日、都内で会合を開催。宗男氏が悔やんだのは“タスキリレー”の失敗だった。

 昨年の衆院選敗北で政党要件を失っていた新党大地は、参院選で全国の有効投票総数の2%以上の得票で国政政党としての復帰を目標に据えていた。宗男代表が公民権停止で候補者との選挙活動ができない中、歌手の松山千春(57)が全面的に応援に乗り出し、千春のモノマネ芸人も街頭演説の前座で登場。そして物議を醸した宗男代表と同姓同名の鈴木宗男氏(73)が出馬し駆け回った。

 結果は比例得票率が0・98%にとどまるなど2%に届かなかったが、驚くべきは比例で最多の6万2902票を稼いだのが鈴木氏だったこと。宗男代表への同情票、または本人が出ていると勘違いしてのうっかり票だったかは不明だが“影武者作戦”は一定の成果があったようだ。

 一方で「最大のヘマをした。緊張感が欠けていた」と宗男代表が天を仰いだのは、タスキの不備だった。鈴木氏は公示前日の出馬決定で、名前が入ったタスキや選挙カーを用意する時間がなかった。鈴木氏が街頭演説で「新党大地の鈴木宗男です。全国比例で立候補しました」と呼びかけてもマイクを握っているのは、全く顔が知られていない鈴木氏とあって、聴衆もキョトンとするしかなかった。

「代表がこれまでの選挙で使用した古いタスキはあったのですが(候補者の鈴木氏に)タスキをつけた方がいいと気づいたのは選挙が終わってからでした」(同党関係者)

 宗男代表は「タスキをかけておれば(鈴木氏は)あと10万票は上積みできた」と反省することしきりだった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!