• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 当選松沢氏が感謝する「井上虫歯二本」って?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当選松沢氏が感謝する「井上虫歯二本」って?


当選した松沢氏(左)と「小松沢シゲフミ」

 神奈川選挙区で「みんなの党」から出馬した松沢成文氏(55)が、当選を果たした。松沢氏は1993年から10年間、衆院議員を務めた後、2003年から神奈川県知事を2期8年間務めたが、11年から2年間は“浪人生活”を送った。昨年は東京都知事選に立候補したが、落選している。

 この2年間は吉本興業に所属し、文化人タレントとして活動した。とはいえ議員時代に比べて収入は激減したとか。

「東京・港区の事務所もそのままにしていたし金銭的には厳しかったね。昨年都知事選に出てお金もかかった。今回参院議員に当選したけど、まずは借金を返済しないと」

 とはいえ吉本には感謝しているという。

「エリアプロジェクトなどいろんなことをさせてもらったし、この2年間の活動は国政でも生かしたい。もちろんこれからも吉本さんの文化人セクションに所属させてもらうつもりです」

 松沢氏の選挙運動を手伝ったのが「井上虫歯二本」という吉本所属のお笑い芸人だ。選挙戦では松沢氏に扮して「小松沢シゲフミ」なる名前で登場。松沢氏が高校時代にやっていたラグビーのジャージーを着て選挙戦を手伝った。

 そのかいあってめでたく当選。井上虫歯二本は「これからも僕は小松沢をやり続けますよ。とことん松沢さんに乗っかるつもりです。今後は松沢さんが応援する候補者の選挙運動に一緒に付いていって、この姿で応援するんです」と、モノマネ続行を宣言した。

 さらに松沢氏だけでなく、別のモノマネも仕込んでいるとか。「実は『みんなの党』の渡辺喜美代表のマネも練習してるんです」。政治家に劣らず競争が激しい芸人の世界、果たして政治家のモノマネで生き残れるか?

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!