• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 「児ポ規制」で麻生“ローゼン閣下”が危ない!?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「児ポ規制」で麻生“ローゼン閣下”が危ない!?


“ローゼン閣下”は推進派だった。児童ポルノの単純所持を禁止する「児童ポルノ禁止法改正案」が国会に提出されたことで、オタク人気の高い麻生太郎財務相(72)の評価が落ちている。麻生氏といえばマンガ好きとして知られているが、マンガ規制につながる同改正案には前向きなのだ。永田町関係者はこんなジョークを言う。

「この改正案で一番危ない政治家は麻生氏だと言われているんですよ。マンガ好きというけど、所有しているマンガに児童ポルノと指摘されるものがあったら、単純所持で犯罪者になっちゃう」

 

 麻生氏は羽田空港で読んでいたマンガ「ローゼンメイデン」のタイトルから付けられたローゼン閣下というニックネームでネットユーザーに親しまれるほど、マンガ好きで有名。こんな心配が持ち上がるのも無理はない。本紙がすでに報じたように同改正案は将来的にマンガやアニメを児童ポルノとして規制しかねない「付則」があり、日本漫画家協会などが反対の声明を発表している。児童ポルノの定義が曖昧なので、麻生氏の読むマンガも規制対象になり得る。

 ところが麻生氏は規制に前向きだったのだ。同改正案の問題を指摘しているみんなの党の山田太郎参院議員(46)が、参院予算委員会で麻生氏に見解を問いただしていた。「麻生氏なら理解していただけると思ったのですが、『(児ポ規制は)自分が最初に取り組んだ』とおっしゃられて…」(山田氏)と、むしろ胸を張らんばかりだったという。

 さらに意味深な答弁もしている。小説も児童ポルノになり得るのか山田氏が問うと、麻生氏は「小説は子供が読まないから」と言い放ったのだ。裏を返せば小説も児童ポルノになり得ると言っている。バリバリの規制推進派なのだ。

 オタク人気もなくなりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

2019年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「友駿ホースクラブ愛馬会」「東京サラブレッドクラブ」「YGGオーナーズクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!