• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > “泣き”のゴーン容疑者ついに高熱ダウン 外では仏政府&ルノーに不穏な動き

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“泣き”のゴーン容疑者ついに高熱ダウン 外では仏政府&ルノーに不穏な動き


カルロス・ゴーン容疑者(ロイター)

 私的な投資の損失を日産自動車に付け替えた特別背任容疑で再逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者(64)が、ついにダウンした。9日夜から高熱を出し、10日に予定されていた東京地検特捜部の取り調べや弁護人の接見に応じられなくなったという。同容疑者が体調不良を訴えたのは逮捕後初。インフルエンザではないとみられる。

 強気の姿勢を崩さないゴーン容疑者だが、裏で長期の拘留に泣きを入れていることは本紙既報通り。11日で勾留期限を迎えるが、追起訴される見通し。容疑を否認している現状では、すぐに保釈される可能性は低い。

「とにかくゴーン容疑者は一日でも早く外に出たい。仮病とは思わないが、これで海外メディアは再び日本の刑事手続きを『人権無視』と批判するだろう。弁護人が同容疑者の体調不良を積極的にアナウンスするのは、外部から司法にプレッシャーをかける狙いもある」とは法曹関係者。

 一方でゴーン容疑者を取り巻く環境にも変化が生じている。

 自宅としている東京都港区のマンションについて、部屋の権利を持つ日産が、ゴーン容疑者の居住を認める契約を今月8日付で破棄し、退去するよう通告していたことが10日、分かった。弁護人が明らかにした。

 また、この日までに日産幹部が複数回にわたって仏政府幹部に接触し、ゴーン容疑者の“悪事”を伝えていたことが判明。仏政府は日産株43・4%を保有するルノーの大株主で、同社に一定の影響力を持つ。

「ルノーも仏政府もゴーン容疑者を守ってきましたが、ここにきて“ゴーン切り”に傾き始めているようだ。フランスは国内政治がガタガタ。多くの雇用を生むルノーが日産問題でこれ以上停滞すれば経済に悪影響が出る。まずは日産とのアライアンス(提携)強化が先決という考えに傾いてきているようだ」(市場関係者)

 仏政府&ルノーに見切りをつけられれば、ゴーン容疑者は“ただの人”。高熱の原因はそうした最悪のシナリオが頭をよぎったからかもしれない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!