• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 強姦冤罪訴訟で国家賠償の請求棄却 原告男性怒りの控訴へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強姦冤罪訴訟で国家賠償の請求棄却 原告男性怒りの控訴へ


損害賠償請求が棄却された男性

 強姦罪などで服役中に被害証言がウソだと分かり、再審で無罪が確定した大阪市内在住の男性(75)と妻が、国と大阪府に対し計約1億4000万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が8日、大阪地裁(大島雅弘裁判長)で行われた。

 男性らは捜査の違法性や裁判所の過失を指摘したが、地裁は判決理由で「職務上尽くすべき注意義務を怠ったとは認められず、女性らの供述に基づき、男性に有罪と認められる嫌疑があると判断したことは不合理ではない。裁判官が、違法または不当な目的をもって裁判をしたなどの特別の事情も存在しない」として訴えを棄却した。

 男性は判決について「許せない。本当にガッカリした。何も冤罪について反省していない。自分たちの間違いを認めようとしないのは、私のような冤罪の犠牲者がまた出るということ。今の司法は納得できない」と怒りをにじませた。

 起訴状などによると、男性は2008年、10代の親族女性に性的暴行を加えたとして逮捕、起訴された。男性は無罪を主張し続けたが、地裁は女性や目撃者の証言が信用できると判断。09年、男性に懲役12年の実刑判決を言い渡し、11年に最高裁で刑が確定した。

 ところが、女性や目撃者が「証言がウソだった」と話していたことが判明。女性の「処女膜は破れていない」とする診療カルテの存在も明らかになり、男性は14年、再審を請求。翌年、無罪が確定した。

 男性は約6年に及ぶ拘束期間で「全てを奪われた。私が汚名を着せられて、女房は精神的ストレスで入院し、介護も必要になった。多くの友人を失い、金銭的な損害も被った」と言い「賠償に当たらないとは、一体どうなれば賠償するのか」とあきれ果てた。

 代理人弁護士は「当然、控訴の方向で考えている。これほどひどい判決をそのままにできない」と語った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!