• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 「特殊清掃」知られざる実態

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「特殊清掃」知られざる実態


 殺害現場、自殺、孤立死…。人間が死んだ場所には悲惨な痕跡が残る。そんな現場を清掃する「特殊清掃」という仕事が存在する。このほど、その専門知識を養成する講座と、民間の認定資格が誕生した。年間自殺者は全国で約3万人、孤立死は6万人以上といわれる現代日本社会で、需要が高まる特殊清掃の実態とは――。

 特殊清掃とは、遺体が放置された部屋やゴミ屋敷などの環境を回復させる専門的な仕事だ。一般社団法人「事件現場特殊清掃センター」(北海道千歳市)は、現場などで適切な対処をする専門家「事件現場特殊清掃士」の通信養成講座とともに、その資格認定をスタートさせた。

 自殺と孤立死を合わせた総数は全国で年間9万人以上。ゴミ屋敷は500軒につき2~3軒(0・4%)あるとされる。高齢者の単身世帯増加に比例して孤立死の件数も年々増加しているが、特殊清掃従事者の数は全国にわずか1500人(同法人調べ)しかいない。1人で60件の仕事をこなす計算だ。もちろん、需要は高まる一方だ。

 同法人の理事事務局長小根英人氏(36)は「正直、誰もやりたくない仕事」と言う。理由は長期間放置された遺体が部屋に残す強烈な異臭に他ならない。精神的ダメージも大きい。

「臭いに慣れることはない。仮に慣れてしまうと『自分は精神的に異常?』と思ってしまう。死について考えすぎるとおかしくなるし、食欲減退することもある」と小根氏は、苦しそうに現場の悲惨さ、過酷さを語った。

「昨夏、75歳の男性が布団の上で孤立死したアパートでは、死後5日に異臭騒ぎとなって遺体が発見された」。体液が布団を突き抜け、厚さ5センチのフローリングをふやかして波打たせ、下のコンクリートまで届いていた。

 もちろん向き、不向きがある仕事だが、良いこともある。依頼者の遺族や不動産オーナーからは「私たちにできない仕事をしてくれた」と涙ながらに感謝される。それがやりがいとなるのだ。

「完全に人のためにする仕事。誰かがやらなくてはいけないから…」(同氏)

 一方、料金体系などで依頼者と業者がもめることもある。目安としては2LDKの間取りで100万~150万円、1DKで70万円前後が相場。感染予防対策や適切な機材利用法を甘く見たために重大なトラブルを招くこともあるという。

「注射針を誤って踏んでC型肝炎に感染した人もいた」(同氏)

 資格を制定することで、業界に統一基準が設けられることは、依頼者と業者双方に意義がある。講座開設後、事業展開を目指す人々が資格取得に動き出している。つらい仕事だけに月給は30万~50万円と高水準だ。所属する会社にもよるが、3~4年勤務すれば年収1000万円に達する人もいるという。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!