• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 東名あおり運転事故・石橋被告どのみち地獄 懲役18年判決に控訴しても量刑は大きく変わらない

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東名あおり運転事故・石橋被告どのみち地獄 懲役18年判決に控訴しても量刑は大きく変わらない


 控訴した場合、量刑はどうなる? 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月に起きたあおり運転事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判で、横浜地裁は14日、懲役18年の判決(求刑23年)を言い渡した。争点だった危険運転致死傷罪の成立を認めた。同被告は時折首をかしげるしぐさを見せるなど、判決に納得いかない様子。とはいえ、控訴しても同被告には“地獄の日々”が待ち構えているという――。

「常軌を逸している。身勝手で自己中心的、短絡的な犯行で、くむべき余地はない」

 深沢茂之裁判長は石橋被告に厳しい言葉を投げかけた上で、懲役18年の有罪判決を言い渡した。

 事故は昨年6月5日夜、東名高速下り線で発生。同被告が乗用車でワゴン車の前に割り込んで減速する「あおり運転」を4回繰り返し、追い越し車線で停車させた。2分後、後続の大型トラックがワゴン車に追突し、萩山嘉久さん(45=当時)と妻の友香さん(39=当時)が死亡、長女と次女がケガを負った。

 争点は最大20年の有期刑が科される危険運転致死傷罪が成立するか、否か。深沢裁判長は「4回にわたって妨害した行為は危険運転にあたる。死傷の結果は妨害運転によって現実化した」と指摘し、あおり運転とその後の事故死の因果関係を認定した。また、昨年5~8月の同様のあおり運転などによる山口県内での強要未遂や器物損壊罪の3事件も有罪とした。

 この日の公判は約1時間。メガネに黒のジャージー姿で入廷した石橋被告は序盤こそ神妙な面持ちだったが、30分が経過したあたりから、落ち着きがなくなり、判決理由が読み上げられている最中には、しきりに首をかしげる場面もあった。
 不遜な態度はこの日も見られた。裁判長から「最後に何か言いたいことはありますか?」と問われ、数秒悩んだ揚げ句「ない」。この期に及んでも遺族へ謝罪の言葉は出てこなかった。

 閉廷後、弁護側は控訴について「今の時点ではゼロベース。刑の重さが妥当かどうか、被告人と話し、検討したい」とコメント。

 裁判員裁判と違い、控訴審は職業裁判官のみで審理されるため、大幅に減刑される可能性もないことはないが…。

 法曹関係者は「仮に高裁で減刑されたら、今度は検察が最高裁に上告することは間違いない。手続きなどを含めれば、最高裁判決が出るまでに3年以上はかかる。被告がそれに耐えられるかどうか」と話す。

 犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は「控訴したからといって量刑が大きく変わることはないだろう」と推察。検察側は危険運転致死傷罪が認められなかった場合の予備的訴因として、監禁致死傷罪でも起訴している。

「万が一、高裁で危険運転致死傷罪が認められなくても、監禁致死傷罪が適用されるはず。むしろ、私は今回のケースは危険運転よりも監禁致死傷罪の方が堅いと思っていたほど。監禁致死傷罪も最大20年の有期刑が科せられる。つまり石橋被告はどっちに転んでも重罪なんです」(同)

 減刑狙いのはずが、高裁や最高裁で量刑が増えることもある。小川氏によれば「検察の求刑が『生ぬるい』と判断された時は、求刑を超える判決が出たり、一審判決に数年加味される場合があります」。

 公判では亡くなった嘉久さんの母親が証言台に立ち「息子夫婦は殺されたとしか思えない」と告白。遺族は今回の事件を危険運転ではなく“殺人”として捉えている。前出法曹関係者の話。

「石橋被告は嘉久さんを『殺されたいのか』『(高速道路に)投げられたいのか』と脅している。いまさら起訴内容を殺人にすることは不可能だが、一審判決よりも悪質と判断されれば、危険運転致死傷罪もしくは、監禁致死傷罪の最大量刑である懲役20年が言い渡される可能性もゼロではない」

「危険運転には当たらない」と主張し続けた石橋被告の弁護人は、被害者感情や国民の処罰感情と法制度に隔たりがあるとして法改正による解決を訴えたが、控訴の判断はあくまで石橋被告に委ねられる。

 量刑がさらに重くなるのを恐れ、このまま判決を受け入れれば、懲役18年で確定。一般的に模範囚であれば、12年前後で仮釈放となる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!