• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 改正サイバーセキュリティ基本法成立の陰で… “PC音痴”桜田五輪担当相の後任に浮上した人物

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改正サイバーセキュリティ基本法成立の陰で… “PC音痴”桜田五輪担当相の後任に浮上した人物


“PC音痴”の桜田五輪担当相(ロイター)

 2020年東京五輪・パラリンピックのサイバー攻撃対策に向け、官民で情報を共有して対策を話し合う新たな協議会の設置を柱とした、改正サイバーセキュリティ基本法が5日、参院本会議で可決、成立した。

 協議会は政府機関と電気、鉄道といった重要インフラ企業、サイバー対策の関連業者らで構成。メンバーの企業や団体がサイバー攻撃で被害に遭った場合、事務局の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が通報を受けて協議会メンバーに周知し、必要な対策を促す。

 しかし、今国会審議で「パソコンを打たない」などの発言で、IT知識のなさを世界中に知らしめた桜田義孝五輪担当相の下での改正案成立に、自民党内からは「桜田氏から党IT戦略特命委員長などを務めた平井卓也科学技術担当相に代えるべきではないか」との声が上がる。

「米紙には、桜田氏の発言に『パソコンを使わない政治家は、多くの国でサイバーセキュリティーの大臣ではない。だが日本に1人いた』と皮肉られた。一方、平井氏はインターネットを選挙活動に利用するネット選挙の旗振り役を務めた。ネット選挙の解禁後は、ビッグデータを使って選挙戦術を練り上げる技術も編み出した。安倍首相も平井氏をIT技術の“第一人者”と評しています」(同党関係者)

 12年のロンドン五輪では、大会期間中に2億回ものサイバー攻撃を受けた。来年の通常国会(1月23日ないし同29日召集予定)では、サイバー対策に関する質問が桜田氏に集中することが予想される。桜田氏はどう答弁するのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!