• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 改正入管法は愛情ナシの人手不足解消策か…東京、大阪で暴動起きる?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改正入管法は愛情ナシの人手不足解消策か…東京、大阪で暴動起きる?


 東京、大阪で暴動が起きる!? 外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案の審議は連日、国会で紛糾しているが、早ければ7日にも成立する見込みだ。外国人労働者の健康保険や海外に残る配偶者や子供の医療費負担の見直しなど、さまざまな問題が指摘されている中、米国移民産業開発などを専門とする警鐘作家の濱野成秋氏が「今のままの改正案ではダメだ」と緊急寄稿した。

【警鐘作家・濱野成秋氏が緊急寄稿】数十年前、ニューヨーク州立大で教えていたころ、私は移民の実態研究のためにロア・イースト・サイド(LES)で現地調査を行った。ヒスパニック、メキシカン、ブラジリアン…みな経済難民か政治亡命者だ。逃げてきた暴力革命家もウヨウヨ。かつて人手が足りないと、ロシア人、東欧人、ユダヤ人ら、“英語しゃべれない民族”を良しとして受け入れたアメリカ政府はヤケドだらけ。だからトランプが慌てる。

 日本の場合、鎖国主義はいまだまかり通り、政治家はモノ知らずで、ブレーキのかけ方、さばき方がさっぱり分からず、準備も何もしないで企業まかせ。これでは東京の街に暴力革命家やギャングの巣がぼこぼこ誕生しても当たり前である。

 戦前、日本の紡績会社が上海に作った“在華紡”の果てしない労働争議。そいつを繰り返す気か。サボタージュ(製品に傷をつける行為)をさんざんやられるぞ。愛情ナシの人手不足解消策か。「家族の帯同認めず」か。オール承知で来て、オール不満。それが移民という、生活に追い詰められた人間集団である。

 シンクタンクなしの国会での移民定義問答は小学校レベル。あきれる。移民は売春、覚醒剤、思想テロ、ギャング、のたれ死に、救援金要求、差別、いじめ、自殺…。社会資本が膨大になるのが移民政策である。

 移民というのは、自国では暮らしていけないのだから、暮らしやすい国で国籍を取りたいから来る人間集団をいう。ところが“人手不足”だから入れるでは、本質論からして、ズレ切っている。

 日本の連中は「人手不足」と言って平気だが、人手とは何だ? 手仕事ジャンルでは、いつも時計とノルマでへとへとになる集団を言うのか? 5年たったら強制送還の使い捨て年季奉公とどう違うのか? これが差別だと日本国民はなぜ気づかないか。

 かつてのLESがそうだった。英語がしゃべれないから、かえって便利じゃないかと、ミシン踏みなどさせ続け、この劣悪条件でロンドンやパリの一級品をLESで作り、高級店で半値で売り出し、アメリカ商法はヨーロッパ市場を席巻した。

 だが、アメリカには、「まじめに働けば国籍が取れる。それまでの辛抱だ」と働いたロシア系、ユダヤ系、イタリアン。彼らもギャングを作ったけれど、国籍取得の希望もあったから、まじめな善人家族は善良なニューカマーとなった。現在、ニューヨークの財界はこれら移民の子孫たちで支えられている。トランプもドイツ系移民の子で、イギリス系を尻目に頑張っておるわけだ。

「家族の帯同は許さん」の日本じゃ、とてもそんな社会構造は成り立たんだろう。愛情なしの手仕事労働搾取国となる日本は、国際二等国と呼ばれ、市場開拓経営学で敗れる。その凋落路線に拍車がかかる、第一歩だと心得るべし。

 ただの手仕事労働者の移入では、景気が下向けばそんな労働者からお払い箱に。「失業保険も年金制度も枠外だって? よし、わかった! 国ぐるみで俺たち○○人をバカにするならやってみろ、俺たちはギャングと組んで、この国をぶっ壊してやる!」。かつて、LESではそんな、なかば義憤から生じた鬱積が何度も暴動に発展した。日系移民も一時期あまりの仕打ちに、ヤクザとなって暴れた時期もあったのだ。東京、大阪、落ち着いた京都でさえ、こんな暴動被害が続出都市となるぞ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!