• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 被災地に奇跡のキリスト像

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地に奇跡のキリスト像


岩壁の遠景は、イエスさまがひっそりとたたずんでいる姿にも見える

 東日本大震災の惨状を憂いたのか。巨大津波に襲われた東北沿岸部から離れた内陸部、青森県と秋田県の県境にある十和田湖で起きた“異変”をめぐり、震災発生から2年が過ぎた現在もなお反響がやまない。震災から5か月後の2011年8月、湖の岩壁に突如、イエス・キリスト像が出現。内外のキリスト教徒をはじめ、多くの観光客が殺到した。過去に人工的に作られたものか、それとも被災地を救おうと自然の岩に現れたのか――地元で話題の現象の謎に迫った。

「謎のキリスト像」が発見されたのは2011年の8月、真夏の十和田湖の岩壁だった。第一発見者は、十和田湖で観光船事業を展開する「グリランド」代表・佐藤貢氏(39)だ。現場は青森県側の御倉半島の西側岸壁。遊覧ボートでしか近づけない場所だが、高さ約2メートル、幅約1メートルほどの小さな亀裂部分で偶然、見つけた。

「地震があったからなのかは分かりませんが、これまでにない渇水が起こり湖の水位が下がったんです。外国人の観光客を乗せたツアーの最中(絶壁の下部に)キリスト像らしきものを見つけて…。自然にできた岩なのか、意図的な像かは分からないのですが、本当に驚きました」(佐藤氏)

 確かに自然の岩に見えるこの「キリスト像」は上端から生えたコケが肩まで垂れる長髪。胸部分の岩の凹凸は両手を合わせ、静かにこちらを見つめて祈っているように見える。さらに、この像を守るかのように背後の岩がくぼんでいる。

 観光客の間で話題となった“十和田湖のキリスト”はネットを通じて瞬く間に世界中に広まり、キリスト教信者の外国人観光客が殺到。ツアーで像を目撃した外国人観光客は「震災で苦しむ日本を何とか救いたいと姿を現したに違いない」などと言い合っていた。

 さらに、佐藤氏は不思議な事実をこう語る。

「キリスト像は西を向いているのですが、その視線の先、約4キロ地点に(キリスト教の)礼拝堂があるのです。今は誰もおらず、所有者も建築主も不明ですが、単なる偶然とは思えない。それに、キリスト像のあるこの一帯を“神代ヶ浦”と呼ぶことも分かりました。ここまで偶然が重なることがあるのでしょうか」

 この礼拝堂は秋田県鹿角郡にある「鉛山聖救主礼拝堂」であることが分かった。同礼拝堂を知る十和田湖近辺の教会の牧師は「80年以上の歴史ある礼拝堂で、米国人宣教師のビアル主教が建てたものと言われています。簡素な木造なのに、湿度にも強くて豪雪にも耐えてきた」と語る。

 十和田湖とキリスト教には密接な関係があるとも伝えられる。

「礼拝堂が造られた当時、様々なキリスト像が湖の周辺に作られたと聞いたことがあります。あくまで一部での話ですが、十和田湖の“十”は十字架で、“和”はプラス(+)を指し、“田”は十字架を囲ったものという名前の由来も伝えられている」(同牧師)

 実際に、海外の調査団がキリスト像を探しに十和田湖周辺を調査に訪れたこともある。また、像が現れる夏には「湖底ピラミッド」と呼ばれる「御門石(みかどいし)」の頂上が、湖の中心部に出現することも有名。夜になると、その上にUFOが集まるという噂が広まり、カナダの調査団が訪れたこともあるという。

 

 

 

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!