• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 安田純平氏“KY独演会”に批判殺到 肝心の質疑応答は途中で打ち切り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安田純平氏“KY独演会”に批判殺到 肝心の質疑応答は途中で打ち切り


安田氏と同席した川村氏(右)

 ジャーナリスト・安田純平氏(44)の“KY会見”に批判が集まっている。シリアで2015年に拘束され、3年4か月ぶりに帰国した同氏は2日、東京・日本記者クラブで帰国後初の会見を開催。会見1時間のうち、安田氏本人の回顧は冒頭30~40分の予定だったが、取材ノート片手に110分間、ノンストップで取材成果をアピール。制限時間を大幅にオーバーしたことで、肝心の質疑応答は途中で打ち切られた。これには報道陣からも「話が長い」「聞きたいのはそこじゃない」とブーイングが上がった。

 取材に集まった386人の報道陣にとってはある種「拷問」のような会見だった。武装勢力に拘束されるも、生還した安田氏はまさに時の人。解放の際にはシリアの隣国カタールが3億円もの大金を肩代わりしたとされ、ネット上では同氏の自己責任論がヒートアップしている。

 集まった報道陣が聞きたいのも、まさに自己責任の部分。会見はテレビ朝日の解説委員で日本記者クラブ会員の川村晃司氏が同席する形で進められ、午前11時に始まり、最初の30~40分間は安田氏の回顧、後半20分は質疑応答の予定だった。

 安田氏は冒頭で起立し「私の解放に向けてご尽力頂いた皆さんにおわび申しますとともに、深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました」と謝罪。着席後は拘束中につけていた日記を読み進めながら、自身に何が起こったのかを語り出した。

 話は2015年6月22日にトルコからシリアに入り、安田氏いわく「凡ミス」で武装集団に拉致されるところから始まり「翌23日に近くの民家に移された」「29日には別の一戸建てに移された」など、場面の進行がとにかく遅い。予定の40分は経過し、1時間が過ぎたところでも、話はまだ2016年時点。会場に「まさか解放された18年10月23日までこの調子でいくのか…」と不穏な空気が流れ出した。

 90分が経過した辺りで“異変”が起きる。日本記者クラブの関係者が置物のように座っていた川村氏に耳打ち。状況から察するに終了時間をオーバーしていることに対する「巻き」の相談だろう。川村氏は手元のメモにその旨を記し、安田氏に見せたが、全く響かず。本紙が確認しただけでも計4度、川村氏はメモを見せたが、安田氏はその後も“取材成果”を披露し続けた。

 結果、しゃべりもしゃべったり110分間。安田氏が「~というのが、ことのあらましです」で締めると、一部記者からはすかさず「なげぇよ!」「空気読めよ!」とツッコミが入った。

 会見の模様を生中継していたフジテレビ系「バイキング」では、MCの坂上忍(51)が「会見は1時間の予定で、最初安田さんの説明が30分、その後、30分質疑応答だったんですけど、質疑応答いくまでに2時間ぐらいかかってる」と苦言。橋本マナミ(34)も「私も一生懸命聞いてたんですけど、要点が分からなかったな。もうちょっとまとめて話してほしかった」と同調した。

 テレビ関係者によれば「各局、会見を生中継したが、安田氏の“そこじゃない”話がダラダラと続き、自己責任論の話までいくのに時間がかかると判断し、途中で放送を切り上げた」という。

 安田氏にしてみれば、シリアの現状や人質の劣悪な生活環境など自身が経験したすべてを伝えようとしたのかもしれないが、おかげでその後の質疑応答は川村氏から「各記者1問ずつ。それも簡潔に」という注文が付き、深く掘り下げることができなくなった。

「結局、安田さん側の『全部の質問に答える』という方針は守られないまま、質疑応答自体が打ち切られた。安田さんのトークショーを聞いているような感覚だった」とはワイドショー関係者。

 会見を終えた安田氏は各局の報道番組に深夜まで“はしご出演”。今後の紛争取材は「白紙」と強調した。安田氏は信濃毎日新聞の記者を経てフリーランスとして活動。04年にもイラクで拘束された。この日のKYぶりを見る限り、再びやらかしそうな予感もする。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!