• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 東京・南池袋に誕生した“浮揚する大仏”世界に誇れる新名所として期待大

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・南池袋に誕生した“浮揚する大仏”世界に誇れる新名所として期待大


空中浮遊に見える池袋大仏

 東京・南池袋に、新たな観光スポットが誕生した。豊島区にある屋内墓苑併設施設「日蓮宗寺院 松栄山 仙行寺本堂ビル」(25日から開苑)が23日、内覧会を開催。目玉は高さ5メートルの“浮揚する大仏”だ。

 同ビルは、山寺のように自然豊かなたたずまいで、8階建て。3~6階に参拝室と法要室があり、本堂は7階。2011年の東日本大震災で、木造の旧本堂の地盤がもろくなり、再建となった。

 朝比奈文邃(ぶんすい)住職は「お寺ができる文化力の向上、住む人々の心の豊かさ、心の健康に寄与できる存在になりたく、この建物の形になった」とあいさつした。

 ビル1階の奥には、総ひのき造りの池袋大仏が鎮座し、胴体の内部には、約8400以上もの写経が収められている。像の高さは約5メートルで吹き抜けの2階まで達している。この大仏は壁に固定されているために正面から見ると、まるで天上から降臨し、空中に浮いているようだ。

 池袋大仏の制作に携わった大佛師・渡邊勢山氏は「幼子がお母さんにしがみつき、見上げた時に怖くない大きさ。これは祈りにはちょうどいい。包まれ感や、見守ってくれるということと合致している」と明かした。

 仙行寺は約50年前から、旧本堂に隣接する劇場「シアターグリーン」を社会事業の一環として演劇活動の場に提供。戦後から、池袋の文化の発展に一役を担ってきた。

 朝比奈住職は「木造の旧本堂は存在感があり、劇場へ行く役者さんも手を合わせていた。それを強くするために、大仏さんの力を借りた」と言う。

 内覧会に出席した高野之夫豊島区長は「池袋は以前、消滅都市と言われたが、今は共働きしやすい都市となった。世界に誇れる観光スポットとなれば」と満面の笑みを浮かべた。

 日本三大大仏とされる奈良の大仏(高さ約14・7メートル)や鎌倉大仏(高さ13・35メートル)に大きさでは及ばないが、インパクトは十分。池袋大仏が観光名所となれば、外国人旅行者や年配客も訪れるようになるだろう。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕! new
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!