• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 韓国・中央日報が東スポ批判の愚 W杯中の本紙「旭日旗」報道を「開き直り」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国・中央日報が東スポ批判の愚 W杯中の本紙「旭日旗」報道を「開き直り」


 韓国の大手紙「中央日報」が、事もあろうに本紙の旭日旗報道にイチャモンを付けた。サッカーW杯ロシア大会中に韓国が複数回、旭日旗を「戦犯旗」と批判したことについて、本紙は文筆人の但馬オサム氏のコメントとして「戦犯国という概念も戦犯旗という概念も存在しない」と報じてきた(6月27日付、7月5日付)。その本紙報道を中央日報が8日、「開き直り」と批判し、さらに但馬氏を「嫌韓作家」と糾弾してきたものだから、ふざけるな!だ。但馬氏が真っ向から反論した。

 中央日報は「戦犯旗根絶特別企画」と銘打った「『旭日旗狩りは韓国だけ』…日本メディアのわい曲報道」という記事で「東スポは戦犯旗論争が大きくなるたびに積極的に問題をわい曲する記事を掲載した」「但馬氏は同メディアを通じて数回にわたって嫌韓発言を行ってきた人物」と本紙の記事を批判した。

 韓国事情に詳しく、著書「300枚のユニークな広告が語る こんなに明るかった朝鮮支配」(ビジネス社)を刊行した但馬氏は、中央日報の記事をこう斬って捨てた。

「実に韓国メディアらしい反応だと思います。『戦犯国・戦犯旗という言葉も概念もない』という私の発言への論理的な反論は一切なく、ただ妄言だ、わい曲だ、とののしるだけです。これでは成熟した大人の議論はできません」

 韓国で使われる「戦犯国」「戦犯旗」という言葉を但馬氏は「造語だ」と否定してきたが、そこに対する反論はなかった。

 但馬氏は「何度も言いますが、戦犯行為は戦勝国、敗戦国を問わず存在します。たとえば、原子爆弾で非戦闘員13万人を焼き殺したアメリカの行為はハーグ陸戦条約からすれば、明かな戦争犯罪行為です。都に対する空襲攻撃も同様です。ただし、極東軍事裁判その他では、戦勝国側の戦争犯罪行為に関しては、一切裁かれることがなかったにすぎません」と言う。

 歴史は勝者がつくるという言葉がある。戦争の理由や内容がいかなるものであっても、勝者が正当化され、それが正史となる。敗者側が根絶やしにされ、敗者側の記録が焼き捨てられていた時代はそうだったかもしれない。

 しかし、現代は敗者側の記録も残る。そのため敗者側の論理も、敗者の悲惨さも検証可能だ。それなのに、韓国内で行われていることといえば…。

「韓国の学校では、広島・長崎の原爆投下は、日本の侵略戦争を終わらせた正義の決断であり、日韓併合を企てた日本に下った天罰であると教えているそうです。毎年、原爆の日の式典のニュースは韓国でも報道され大きな関心事となっていますが、そのほとんどが『戦争加害国の日本が被害者のふりをする欺瞞の日』といった驚くべき論調です。原爆投下の当事国であるアメリカをはじめ、世界中のあらゆる国で、あのしめやかな式典をそのように報道できるのは、韓国だけと言い切れます」(但馬氏)

 実際、中央日報は2013年に記者のコラムで原爆投下について「(神の)懲罰」と報じたことがある。このように韓国の思考パターンは、日本叩きに終始するもののようだ。

「被害者と加害者、善と悪の二元論なのです。彼らにとっての論争というものは、常に自分を被害者側に置き、加害者とした相手をいかになじるか、という声闘(ソント=なじり合い)でしかありません。ふた言目には、歴史認識の共有を迫る韓国ですが、彼らと歴史を議論することなど意味のないことです」(但馬氏)

 中央日報は10日付電子版でもすでに先行開幕しているジャカルタ・アジア大会のサッカー競技で「旭日旗が持ち込まれる事態は避けてもらいたい」と呼びかけながらも「アジア大会では戦犯旗が登場することがないように」とまたも“戦犯旗”の3文字が見出しに躍った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!