• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 世界的食料危機を招きかねない中国ダム開発乱発の悪影響とは

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的食料危機を招きかねない中国ダム開発乱発の悪影響とは


中国によるダム開発計画の看板(ラオス中部で)

【アツいアジアから旬ネタ直送 亜細亜スポーツ】ラオス南部アタプー県で先月起きたダム決壊で8日までに34人が死亡、97人がいまだ行方不明だ。13の村が被災、6000人以上が家を失い避難所暮らしを余儀なくされている。下流のカンボジアでも5000人以上がホームレスに。

 決壊原因については、工事に手抜きや欠陥があったのではという指摘がある。建設を請け負ったのは韓国のSK建設やタイ、ラオス企業の合弁会社。主導的立場のSK建設は責任を問われることになりそうだが、現地では「人災だ」と叫ぶ声は意外に少ない。

「ダム建設は国の事業でもある。社会主義国のラオスでは、お上を正面から批判することはあまりない。それより個人や会社、自治体などが迅速に義援金や支援物資を集め、決壊翌日には送り始めていたのが印象的。仏教の『タンブン(喜捨)』の考えもあるんだろう」とは、首都ビエンチャン在住日本人。

 地元民の間では「今後もっと大規模な水害が起きるかも」という懸念が広がっている。

 山岳国ラオスはエネルギーに乏しく、耕作に適した平地が少なく、東南アジアでも特に貧しい国だった。だが国の西部を流れるメコン川やその支流にダムを造ることで、大きな産業を生み出した。水力発電で得られた電力を、タイなど周辺国に輸出していったのだ。

 とはいえ自前でダム建設はできず、1971年には日本がビエンチャン北部にナムグム・ダムを建設するなど、外国の支援に頼ってきた。そして今、ラオス各地で大規模ダムを次々と造ろうとしているのが中国だ。

 中国は経済圏構想「一帯一路」の一環で、周辺諸国のインフラ整備を進めている。メコン流域のダム開発もその一つで、10以上ものダム建設が予定されている。この計画で中国のゼネコン大手は巨額の利益を手にするだろうが、メコン流域の環境は大きく破壊されると考えられている。

 最たる問題は漁獲量の減少。ダムの開閉で頻繁に水位の上昇、下降が繰り返されると、魚は産卵する場所を失い、繁殖できなくなってしまう。メコン川は世界的な淡水魚の宝庫だが、このペースでダム建設が続くと、2040年には漁獲高が半分近くに減るというデータも。当然、地元漁民たちの生活は立ち行かなくなる。

 中国は既にメコン上流の自国の領土に、複数のダムを建設し稼働させている。それで下流のベトナムでは、流下する土砂が減少し水位も下がっている。どんどん浅くなっていて、塩害も起きている。

 ベトナムに広がる下流域は「メコンデルタ」と呼ばれる巨大穀倉地帯で、とりわけコメの生産で知られる。ベトナムは世界3位のコメ輸出国で、増加を続ける世界の食料需要に応えているが、ダム建設が進んで水量が減れば、メコンデルタの生産量は一気に落ち込む。メコン流域の乱開発が、世界的な食料危機にもつながりかねない。(室橋裕和)

☆むろはし・ひろかず 1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め、2014年に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。最新著書は「おとなの青春旅行」(講談社現代新書)

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!