• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 【点滴連続中毒死事件】注射針混入騒ぎで“あの人のしわざ”と噂に…

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【点滴連続中毒死事件】注射針混入騒ぎで“あの人のしわざ”と噂に…


 神奈川県横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、同病院に勤務していた元看護師久保木愛弓容疑者(31)を巡り“予兆”ともいえる注射針混入騒ぎが起きていた。7日、殺人の疑いで逮捕された久保木容疑者。余罪も示唆した一方、同病院の仕事のさせ方にも疑問が浮かび上がった。

「20人ぐらいに消毒液を入れた」

 警察の取り調べに久保木容疑者は容疑を認め、余罪も示唆している。大口病院では16年7月から9月20日までの間に入院患者48人が亡くなった。

 逮捕容疑は16年9月18日、大口病院4階に入院していた同市の西川惣蔵さん(88=当時)の点滴に消毒液を混入させ、殺害した疑い。西川さん死亡の2日後には同じ部屋で入院していた八巻信雄さん(88=同)も死亡した。点滴の残りや遺体から4階ナースステーションにあった消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出された。前出の「20人」供述から、数十人以上への連続大量殺人に発展する可能性がある。

 久保木容疑者は事件発生後から各メディアに関与を否定していたが、警察もマスコミも疑惑の目を向けた。病院関係者は「事件のとき、病院の全看護師が警察の聴取を受けたが、早くから久保木容疑者が疑われていたのは、前に“事件”を起こしていたからだった」と語る。

 被害者の西川さんはつるされた点滴の輸液パックの上部に注射針のようなもので穴を開けられ、消毒液を混入させられた。「注射針が院内の看護師ら複数人の持ち物に入れられたことがあったんです。ある人は筆箱に入れられました。久保木さんのしわざと噂されました」(同院関係者)。当時の状況も含めて、同僚らとも折り合いの悪かった久保木容疑者の犯行ではとの疑いがすぐに浮上したのだ。

「性格はマジメだったけど不親切だった。そして警察の聴き取りにも、この人だけ明らかに挙動不審になった。それで、私たちもおかしいと見ていた」(前同)

 久保木容疑者が犯行を認める一方、同院の仕事のやり方にも「おかしい」という声が上がっている。現役看護師が指摘する。

「『亡くなった患者について、ご家族に説明するのがイヤだった』と供述しているようだけど、これは通常の基準に反している。病状説明や治療内容変更の説明は看護師がすることではない。家族から説明を求められて、医師が不在のときに簡単な受け答えはしても『あとはドクターがやるので、ちょっと待ってください』と伝える。曖昧なことを言わないのが鉄則」

 おかしな点は他にもある。「ヂアミトールが容疑者のナース服のポケットから検出されたそうですが、感染対策の面から消毒液などは手袋をつけて扱うのも常識です。おそらく素手で扱ったから、手をポケットに入れたときに付着したと思う」と同看護師。

 大口病院の仕事の基準がルーズだったという点が、久保木容疑者による殺害を“アシスト”させた可能性はないのか警察は検証する必要がありそうだ。

 これらの指摘をした看護師が続ける。「輸液パックにヂアミトールを入れる際も、ビタミン剤などを混注するような場合に“入れる場所”がある。なぜそこから入れずにわざわざパックに穴を開けたのか。横にしたら漏れてしまう。いろいろ不審点は多い」。まだまだ全容解明には時間がかかりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!