• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > スルガ銀行 ずさん融資問題の背後に闇勢力!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スルガ銀行 ずさん融資問題の背後に闇勢力!


 スルガ銀行が6月28日に開催した株主総会の決議で、岡野光喜会長の取締役再任への賛成割合が前年の91・86%から約20ポイント減り、71・30%にとどまったことが3日、同行が開示した臨時報告書で分かった。シェアハウス投資へのずさん融資問題で企業統治の欠如が露呈したことが響いたとみられ、岡野氏は取締役11人の中で最も低かった。岡野氏は30年以上トップに君臨し、スルガ銀は地方銀行で屈指の収益力を誇ってきたが、融資の現場で審査書類の改ざんなどの不正が横行していたことが判明し、事業モデルが崩壊寸前となっている。

 スルガ銀ではシェアハウス「かぼちゃの馬車」を巡る投資で、審査資料の改ざんが問題化している。本来、融資審査に厳格であるはずの銀行側が、かぼちゃの馬車を販売するスマートデイズ社などと組み、返済能力のない購入者に1億円以上のローンを組ませていた。その後、スマート社は経営破綻。購入者のなかには億単位の借金を背負い、自己破産する者も出た。

 今後、金融庁からスルガ銀に行政処分が下ることは確実だが、被害弁護団は同行の融資担当者らに対し、有印私文書変造などの疑いで告発状を警視庁に提出している。

「現時点で告発状は受理されていないが、いずれ警視庁捜査2課が動くことになる。問題の融資の大半はスルガ銀行横浜東口支店が行っており、主導した元支店長の刑事責任は免れないだろう」(関係者)

 事件の背後には、闇勢力の存在も指摘されている。5月にはスマート社に続き運営会社の「ゴールデンゲイン」が倒産したが、別の関係者によると「ゴールデン社の幹部のなかには、関東連合筋の半グレ集団に近い者がいる。金の流れにも不可解な点がある」という。

 被害者を自己破産に追い込んでおきながら、不当に得た金の一部が闇社会に流れていたとしたら、決して許されることではないが…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!