• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > トランプ米大統領の“宇宙軍”敵は中露ではなく宇宙人

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ米大統領の“宇宙軍”敵は中露ではなく宇宙人


宇宙軍創設を指示したトランプ氏(ロイター)

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、トランプ米大統領が宇宙軍の創設を国防総省に指示したことについて「動向を注視し、米国としっかり連携する」と述べた。日米両政府は昨年8月の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、宇宙分野の防衛協力推進で一致している。

 菅氏は「宇宙空間の重要性が増大している一方で、対衛星兵器の開発などリスクも存在している」と指摘。「宇宙条約を含む国際規範の形成や、各国間の信頼醸成に向けた動きに積極的に関与していく」と語った。

 トランプ氏としては、宇宙空間を陸海空と並ぶ新たな「主戦場」と位置付け、衛星攻撃兵器(ASAT)などの開発を加速させる中国やロシアへの優位性を確保する狙いだが、宇宙でも軍拡競争が過熱する懸念も指摘される。行く末は大国間で宇宙戦争が起きるのだろうか。

 UFO研究家の竹本良氏は「米国は1985年に陸海空を統合する宇宙軍を作っているが、トランプ大統領は陸海空軍、海兵隊、沿岸警備隊に加えて第6の軍となる宇宙軍創設を命じた。つまり空軍が兼務するタイプではない。地球上の大気圏を支配する空軍ではなく、地球外を担当する宇宙軍なのだ」と語る。

 そうなると、敵は中ロではなく宇宙人なのか。

「実はロシアは米国に刺激され、2001年にロシア宇宙軍を創設している。また中国も空天一体戦略で独自の宇宙軍を目指している。ロシアや中国の宇宙開発のあおりを受けて、トランプ大統領らしいアメリカファーストの作戦に出たのだろう。トランプ大統領の意気込みは北朝鮮もイランももはや争う対象ではなく、米国は既に57種の宇宙人を確認しているが、ついに地球外知的生命体をターゲットにする時期がきたという宣言なのではないだろうか」と竹本氏は指摘している。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!