• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 勇気ある新幹線殺傷被害者の素顔 「犯人を刺激」報道に友人の怒り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勇気ある新幹線殺傷被害者の素顔 「犯人を刺激」報道に友人の怒り


 東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人容疑で送検された無職、小島一朗容疑者(22)が「社会を恨んでいる。誰でもいいから殺そうと思った」「人を殺す願望は、昔からあった」などと供述していることが13日、分かった。

 凶器のなたとナイフは「犯行に使うために」数か月前に買い、新幹線の指定席券は事件当日の9日夜に東京駅で購入したことも判明した。神奈川県警は、凶器を事前に準備していることから計画性があったとみている。

 事件は9日午後9時45分ごろ、新横浜―小田原間を走行中の東京発新大阪行き「のぞみ265号」(16両編成)の12号車で発生。女性2人がなたで切り付けられて軽傷を負い、止めに入った会社員の梅田耕太郎さん(38=顔写真)が殺害された。

 梅田さんの勇気ある行動について、一部報道で「梅田さんが立ち向かって、容疑者を刺激して、最悪の事態を招いてしまった可能性も」「ヒーロー気取り」などと伝え、バッシングを浴びている。

 しかし、梅田さんが所属していた社会人テニスサークルの友人Aさんはこう語る。

「一人勇敢に立ち向かった梅ちゃんの素顔を知らないコメンテーターや論客が無責任にコメントしているのは許せません。彼は攻撃されて困っている女性を守ろうという行動に出たのだと思います。彼の人間性、勇気、正義感は称賛に値するものです。純粋に正義感で瞬時に立ち向かったのだと思います。諸悪の根源は犯人でしょう。梅ちゃんがいなかったら、被害はもっと拡大してしまったと思います」

 そして、梅田さんの素顔について「いつも笑顔でみんなに気を使う明るくて優しい人でした。テニスは強いし、東大卒ですが、ひけらかす様子もなく、腰の低い謙虚な方でした。自分のことよりも皆のことをいつも考えてくれるようなタイプです。サークルのみんなで楽しめるように、テニスの上達方法を教えてくれたり、みんなを笑わせたりしてくれるムードメーカーでした」と話した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!