• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > NEWS騒動から1週間 今どき未成年の飲酒事情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWS騒動から1週間 今どき未成年の飲酒事情


「NEWS」の小山慶一郎(34=活動自粛中)と加藤シゲアキ(30=厳重注意処分)による未成年女性との飲酒騒動から1週間。相手が19歳だったこと、一気飲みを強要するかのような音声が流出したことが問題になったが、1990年代以前に“ハタチ前後”を過ごした中高年からは「高校卒業したら普通にお酒飲んでたよな」なんて声も…。イマドキの18、19歳は以前ほど、お酒を飲まないのだろうか。

「無理やり飲まされることがなくなったので『お酒は好きでも嫌いでもない』という子は飲まなくなった。飲めない環境が整うと、若者ってそれほど飲まないんですよ」

 こう話すのは、ある大学の職員。大学構内にポスターを張ったり、ホームページで呼びかけるなど、学生に未成年飲酒の禁止を徹底しているとか。今は、アルコールパッチテストを無料で受けられる大学も多く、一気飲みを禁止しているサークルも少なくない。

「うちのサークルでは新歓コンパでも1、2年生には飲ませません。他の飲み会でも、誰かに勧められたら普通に断れます」(大学3年生・男)

 チェーン系居酒屋での年齢チェックが厳しくなっていることも大きい。

「童顔だとハタチを過ぎてても年齢確認を求められます。一気系のコール禁止の店もありますよ」(大学4年生・女)

 そんな環境なので、学生じゃなくても、10代が居酒屋でバカ騒ぎするのは簡単ではない。地方近郊都市でも同様だ。

 では、一部の飲んで騒ぎたい若者はどこで遊ぶのか。中心となるのは“宅飲み”。家で乱痴気騒ぎになればセックスにも持ち込みやすく、そのためのノウハウ(誘い方、乱交への移行方法など)を確立したり、自分たちで一軒家を借りるサークルもある。

 いずれにせよ、オジサンの常識が通用する時代ではないようだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!