• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 東京・新宿でクルマ暴走 歩行者7人重軽傷 ブレーキ踏み間違い有効策あるか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・新宿でクルマ暴走 歩行者7人重軽傷 ブレーキ踏み間違い有効策あるか


 12日午前8時半ごろ、東京・新宿区大久保3丁目の交差点で白い乗用車が暴走し、歩行者7人が重軽傷を負った事件で、警視庁新宿署は車を運転していた会社員の大野純一容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕した。

 同署によれば、車は横断歩道で歩行者をはね、歩道に乗り上げて停車。大野容疑者は「赤信号で止まろうと思ったら、アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話している。

 事故発生当時は通勤時間帯で、横断歩道にはたくさんの歩行者がいた。はねられた男性3人は腰の骨などを骨折し重傷、他に4人が軽傷を負った。

 目撃者は「運転手は多分パニックになっており、人をはねた後も、車は加速し続けていた」と証言。また「電柱と車の間に挟まれた人が『熱い、熱い』と言っていた。それを見た通行人が集まり、車を押してどかしていた」(同)と話す。

 警察庁のデータ(2015年)によると、ペダルの踏み間違いによる死亡事故は全国で58件。そのうち50件は65歳以上の高齢ドライバーだ。

 では、なぜ50代の運転手が、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまったのだろうか?

 交通ジャーナリストの今井亮一氏(63)は「踏み間違いは統計上、お年寄りに多いが、ペダルは運転席の暗い足元にあるので、何かの拍子に間違えることがある。ブレーキだと思い込んだペダルを踏んでも車が止まらず、強く踏み込むので車が飛び出すのです」と説明する。

 誰でも間違える可能性はあるようだ。では、どうすればいいのか。

「対策としては、強く踏み込んでも、エンジンの回転数が急上昇しないようにする中小企業が作った装置を取り付けるのが一番です。その装置を標準仕様にすればいいのですが、車のメーカーは自動運転の開発に力を入れているのが現状です」と提言した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!