• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 交通事故の悲劇から子供をこう守れ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の悲劇から子供をこう守れ


 京都で多数の死者を出し、そして千葉、愛知では登校中の小学生の列に車が突っ込むという痛ましい事故が連続して発生した。連鎖しているようにも見えるが、専門家によると「決して珍しいことではない」と深刻な交通事故の実態が浮上。事故を防ぐにはどうしたらいいのか。

 頻発する小学生が犠牲になる事故について交通ジャーナリストの今井亮市氏(57)は「今回の事故の数としてはごく普通のこと」と話す。
 警察庁によると、昨年の交通事故の発生件数は69万907件。交通事故での死者数は4611人となっている。11年連続で減少したとはいえ、一日あたり約13人弱が死亡している計算だ。今井氏は「事故原因の半分以上を占めるのはわき見や、ぼーっとして前を見ていない前方不注意などの安全運転義務違反。人間は不注意なんです」と語る。

 対策としては「ガードレールを設置すること」と声を大にした。「事故が起きると犯人に対して『厳罰化しろ』や『取り締まりをしっかりしろ』という世論が高まる。しかし、それでも事故は起こる。対策は車の進路と人間が重ならないようにするしかない。ガードレールがあれば車はそれるのに、なぜ、そこに気づかない」と熱弁した。

 実際、京都や千葉の事件ではガードレールがあれば防げた事故だった可能性は高い。

「通学路にガードレールがないこと自体が大間違い」と話す今井氏。これが、簡単なようで自治体の予算や、どこまでカバーするかの問題もあり、なかなか実現していない。

 一連の事故をきっかけに、危険な道路にガードレールを設置する機運を高めるしかない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
兵庫ジュニアグランプリ(11月21日、園田競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は平和島ボート・SG「ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!