• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > ヘルス > 体験しながら学べる「くすりミュージアム」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体験しながら学べる「くすりミュージアム」


身近で欠かせない存在ながら、意外と知らない薬のこと。先ごろ、薬の街、東京・日本橋に誕生した「Daiichi Sankyo くすりミュージアム」は、最新技術を駆使したCGや映像などで、薬について楽しく学べる体験型の施設だ。話題の〝薬育〟に最適な同ミュージアムの全貌を紹介しよう。

薬のお世話になったことがないという人はいないのでは? 病気になった時は頼りにするのに知っていそうで知らないのが薬だ。2009年、改正薬事法の施行により、医薬品の販売規制が緩和。風邪薬などの医薬品がコンビニやスーパーでも買えるようになり、市販薬を自分の判断と責任で選ぶ機会が増えた。

それに伴い、医薬品の正しい使用法や副作用などの知識が求められ、自分の健康に責任を持ち、軽度な体の負担は自分で手当てする〝セルフメディケーション〟の考え方も広がっている。

4月からは文部科学省の新学習指導要綱に基づき、医薬品の正しい使い方を教える「くすり教育」が全国の中学校で完全義務化。3年生を対象にいわゆる〝薬育〟が行われている。
江戸時代から薬種問屋が集結し、現在でも製薬会社の本社が多い日本橋は、歴史のある薬の街。製薬大手の第一三共が2月にオープンしたのが、本社ビル1、2階に位置する「Daiichi Sankyo くすりミュージアム」だ。

「専門性の高い製薬分野を分かりやすく、身近なものとして紹介し、薬について楽しみながら学んでいただきたい。企業の立場を超え、公共性を有した薬の情報発信基地としての活動を行います」(第一三共総務グループ長・長野昭二氏)

その言葉通り、館内に企業色は感じられない。企業施設にありがちな自社の功績をたたえるパネルや、自社商品の展示もない。
来館者は受付でICチップ入りのメダルを受け取り、年齢や性別などを登録。各コーナーでコントローラーにメダルを置くと体験が始まる仕組みだ。

入り口の鏡は、体内の臓器→細胞→DNAといったミクロの世界をCGで再現。フロア中央の巨大な人体模型では、錠剤や吸入剤など、種類ごとに薬が体内に浸透していく様子を光で表現している。館内に紙の展示物は一切なく、ハイテク技術を駆使した楽しい仕掛けが盛りだくさんだ。音響システムも超音波を利用した超指向性スピーカーを採用し、所定の位置に立つとイヤホンなしで説明が聞こえてくるようになっている。

他にも薬の歴史が分かる映像シアター、ウイルスや細菌を相手に薬の働きを知るゲーム、薬を組み立てる3Dパズルなど、見て・聞いて・触って、体感しながら楽しく学べるものばかり。平均滞在時間は1時間半~2時間程度で、何度訪れても楽しめるため、リピーターも多い。
「開業当初は1日300人以上が来館し、混雑していましたが、現在は1日平均70~80人ほどで、比較的落ち着いてご覧いただけます。平日の昼間は社会人の男性、土曜日は子供連れが多いですね」(同)

薬について学んだ後は、来館記念に栄養ドリンク「リゲイン」(15歳以上のみ、15歳未満は「マキロン防水絆創膏」など)まで無料でプレゼントしてくれるので、外回りのついでに立ち寄ってみるのもよさそうだ。

【Daiichi Sankyo くすりミュージアム】
▼住所=東京都中央区日本橋本町3―5―1
▼開館時間=午前10時~午後5時(土曜は午後4時まで)
▼休館日=日曜祝日、4月28日~5月6日、年末年始など
▼入館料=無料
▼アクセス=東京メトロ・三越前駅(A10出口)徒歩2分、JR・新日本橋駅(出入口5)徒歩1分

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!