• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 米国に恐怖の“ゴム人間”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国に恐怖の“ゴム人間”


 米国の若者の間で「スレンダーマン」なる新都市伝説が流行している。文字通り、スレンダーな男の怪人が写真に写りこむのだ。

 身長は180センチから3メートル以上とさまざまで、体はとにかく細く、顔がのっぺらぼうのようにはっきりしない。両手が自由に伸び、ターゲットとなる人間に執拗につきまとう。ビジネススーツを着ていて、背中に触手が複数ついている。テレポーテーションが可能。

 この怪人につきまとわれると鼻血が止まらなくなる「スレンダー病」にかかる。森に連れ込み、人間を殺す。

 米国人ライターは「日本のツチノコのように、米国でビッグフットはスーパースター。そして、相変わらずビリーバー(信奉者)が多いUFO。そんな中で、スレンダーマンは去年から出てきた都市伝説ですが、ネット社会なので若者の間で爆発的に広がっています。日本の口裂け女ブームのような感じでしょうか」と指摘する。スレンダーマンらしき写真をネットにアップすれば、その人はネット上でスターになれるという状況だ。

 オカルトに詳しい作家の山口敏太郎氏は「ビジネススーツの怪人という部分は、現代米国人の隣人への不審感を表しており、モンスターらしくない人間のような容姿は、幽霊的なものより人間が一番怖いという現代の風潮を表していると思われます」とみている。

 日本では身体がゴムのようで人間のような服装と姿をした都市伝説怪人・ゴム人間が群衆の中に紛れ込んでいるという伝説が広がった(本紙既報)が「そのゴム人間とも似ている存在でしょう。米国人も日本人も、人間が群れている都会の中に“魔物”を感じているんでしょう」(山口氏)と分析している。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!