• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 日本直販「愛犬てつ」で倒産

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本直販「愛犬てつ」で倒産


オバカ商品扱いされた日本直販の「愛犬てつ」(Youtubeから)

 テレビショッピングの先駆けとしてお茶の間に通信販売を提供してきた「日本直販」を運営する「総通」(大阪市中央区)が9日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約174億円で事実上の倒産。テレビ通販の一時代を築いた会社が終えんを迎えた形だが、背景には消費者がテレビ通販から離れ、パソコンやケータイでのネット販売に移行する時代の流れがあった。

 

 総通は1961年創業のテレビ通販の草分け。誰もが一度は民放各局で放送される「日本直販」のCMを見たことがあるだろう。家電製品、健康食品など、扱う商品は多岐にわたる。長さが調整できる「高枝切りばさみ」や掃除機のノズルに装着して小さなゴミを吸い取る「スーパーはぼき」などのヒット商品を生み出したことでも知られる。

 

 だが、インターネット通販が普及すると業績は悪化の一途をたどり、95年9月期に約525億円あった売上高は最近では半減。デリバティブ(金融派生商品)での資産運用の失敗もあったという。今後はコールセンター大手「トランスコスモス」がスポンサーとなって継続する方針で協議している。  ITジャーナリストの井上トシユキ氏によると「この10年で、通販はテレビからネットへ移行し、この2~3年はスマートフォンが急激な勢いで普及し、テレビを見る時間が減った。当然ながら通販もネットに取って代わられた」と解説する。

 

 そのネット通販のヘビーユーザーは30~40代の主婦だという。「夫の下着や靴下をネットで買う。10枚1000円のタンクトップをネットで買って、自分の買い物は百貨店で楽しむ。かわいそうに見える夫も、出張先でスマホからデリヘルを呼んだりするんで、いい勝負」(井上氏)。“スマホ生活”にテレビの入る隙がないのだ。

 

 また、テレビ通販が消費者に特定の商品を勧めるのに対して、ネット通販は無限大の商品をユーザーに選択させる。テレビ通販お決まりの「今ならなんと○○が付いて8800円!」という売り方も「余計なおまけはいらないから、自分の欲しいものを安く届けろというのが今の消費者の考え」(井上氏)と、もはや敬遠される時代なのだ。

 

 若者は電話離れさえしている。

 

「スマホの無料メッセンジャーが普及して、電話をしない人が増えた。コールセンターに電話することさえわずらわしい。買い物の作業をパソコンやスマホだけで完了することにストレスはないんです」(井上氏)

 

 一方、同じテレビ通販大手の「ジャパネットたかた」は今も堅調な業績を保っている。「総通」の倒産は必ずしもネット普及や消費低迷のせいだけではないとの見方もある。実は最近の日本直販では思わず「これ、誰が買うの?」と思う商品が紹介されることもしばしばあった。

 

 有名なものが「愛犬ロボ『てつ』」だ。外見もいまいちの完成度の低い子犬の電動ぬいぐるみで、同梱のリモコンを押すと、関西弁など20種類の言葉をしゃべる。安っぽいイメージだが、お値段は9800円(税込み)。動画サイト「ユーチューブ」では「てつ」の顔を様々なキャラクターに変えたパロディー動画も登場。完全に“ネタ扱い”されており、ネット上では「そりゃ倒産するわ」という意見も。

 

 井上氏も「『たかた』では徹底的なコスト削減と精緻なマーケティングを実施していた。『安いから仕入れる』ではなくて『売れるから仕入れる』という企業努力があった」とみている。

 

 時代に取り残されただけでなく、消費者に「買いたい」と思わせる魅力的な商品を提供できなかったことも倒産の一因と言えるだろう。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!