• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 尾木ママ怒る「これは殺人事件」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾木ママ怒る「これは殺人事件」


<大津・いじめ自殺問題>昨年10月に滋賀・大津市で公立中2年の男子生徒(13=当時)が飛び降り自殺した問題で衝撃事実が判明し、同世代の子を持つ親にはもちろん日本中に戦慄が走った。少年はいじめっ子たちに「自殺の練習をさせられていた」というのだ。この証言を同市教育委員会は隠蔽、調査を打ち切っていたことが分かった。

 

 昨年10月11日、男子生徒は市内のマンションから飛び降り死亡した。学校側はこの直後、全校生徒約860人を対象としてアンケート調査を実施、その結果恐ろしい事実が出てきた。

 

 1~3年の15人が伝聞形式で「(いじめた生徒が)男子生徒に『自殺の練習してたんか』と言っていた」「毎日自殺の練習をさせられていた」などと記載。

 

 市教委は4日、いじめの存在やアンケートの記載を認めたが「いじめと自殺との因果関係は判断できない」と主張。「調査結果に基づいて調べたが、自殺の練習をさせられていたとの確証は得られなかった」と、隠蔽の理由を話した。

 

 いじめ撲滅を訴え続ける教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏(65)は「大津市教育委員会は本当に人としてどうかしている」と断罪、こう続けた。

 

「子供たちは『次は自分がいじめられるかも』と思っても、勇気を出してアンケートに書いた。それなのに隠蔽して、子供たちを裏切った。市教委の人は全員辞すべき!!」

 

 深刻ないじめの実態も尾木ママは問題視する。「1985年にいじめが問題になって約30年で最悪の事件。こんな例は聞いたことがない。いじめじゃなくて殺人事件だと思います」

 

 市教委の情報隠蔽を防ぎ、いじめの実態を把握するにはどうすべきか。尾木ママは「教育委に関係のない、子供たちの駆け込み寺みたいな、困ったら相談できる場所が必要。電話ならどこでも大丈夫でしょ。その番号をカードに書いて配ればいい」と提言した。

 

尾木ママ「教育委員会改革を」

 

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!