本日の紙面2020年10月17日(土)

1面

【GⅠ秋華賞】智将・中村均氏 デアリング3冠成功!ノルマンディーファーム上陸作戦

 先週の毎日王冠を◎○★で本線大的中――。東スポ専属競馬評論家となって2年目を迎える今シーズン、さらにカリスマ度を増した智将・中村均が牝馬3冠最終決戦の第25回秋華賞(京都11R、午後3時40分発走)へと挑む。デアリングタクトの偉業達成への期待が高まる中、競馬戦国絵巻の最終解答は「史上最大の作戦は誰にも止められない――」。2週連続の的中を期し確信の◎、★を打ち込んだ。

裏1面

IOC委員・渡辺守成氏が緊急メッセージ 東京五輪が人類を救う 

 高度経済成長期の日本に夢を与えた東京五輪は、1964年10月に秋晴れの下で開催された。あれから56年、「東京五輪」が皮肉にも批判の対象となっている。その“元凶”は新型コロナウイルス禍への不安、そして史上初の延期に伴う莫大な追加費用問題だ。金銭的にマイナスイメージを伴い世間から叩かれる中で、国際体操連盟会長で国際オリンピック委員会(IOC)委員を務める渡辺守成氏(61)を直撃。日本人唯一の国際競技連盟(IF)のトップとして五輪中止を求める人々へメッセージを送った。

ワイド特捜最前線
  • 小泉進次郎氏「進む地盤沈下」 持ち前の発言力はすっかり消え…
  • 浅田真央さんと意外にお似合いな「元暴走族総長」の瀧川鯉斗
  • 環境少女グレタさんのドキュメンタリー映画 英紙酷評「冗舌だが薄っぺらい」
  • イルカの性欲と交尾話をラジオで熱弁 女性ファン困惑「キンプリ永瀬の下ネタ」
競馬・競輪・ボートレース・オートレース
  • <中央競馬>【日曜京都・GⅠ秋華賞】【日曜東京・オクトーバーS】【日曜新潟・信越S】
  • <地方競馬>ばんえい十勝帯広ナイター/盛岡/金沢/高知ナイター/佐賀ナイター
  • <ボート>大村SG「ボートレースダービー」直前コラム/桐生ナイター/蒲郡ナイター/若松ナイター/住之江ナイター「2020ダイスポジャンピーC」/まるがめナイターGⅠ「京極賞」後記/びわこGⅡ「秩父宮妃記念杯」/津GⅢ「オールレディース」/多摩川「ルーキーS第19戦」/宮島「エキサイトカップ」
  • <競輪>前橋GⅠ「寬仁親王牌」/川崎ナイターFⅡ「東京スポーツ杯」/武雄ミッドナイトFⅡ
  • <オート>山陽GⅡ「若獅子杯争奪戦」

本日の紙面は東京スポーツの内容を記載しています。大阪スポーツ、中京スポーツと内容が異なる場合があります。