本日の紙面2021年07月21日(水)

1面

蝶野が提言 五輪開会式神主100人除霊

 プロレス界の「黒いカリスマ」こと蝶野正洋(57=東スポグループ強化部長)が、“呪われた東京五輪”に黒い救済案を提示だ。決定事項変更と重要関係者辞任が相次ぎ、開幕直前までトラブル続き。そこで23日の開会式では空白の4分間を使ってのおはらいを、8月8日の閉会式では国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)に禊(みそぎ)の鉄槌を提案した。また過去のいじめ告白問題で楽曲担当を辞任した小山田圭吾(52)にはあのプロレス団体への入門を勧めるが――。

裏1面

ミスター、王、イチロー、ゴジラ、大谷 「次男坊最強伝説」

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は20日(日本時間21日)の敵地オークランドでのアスレチックス戦に「2番・DH」で先発出場し、3打数無安打3三振1四球と不発に終わり、チームも0―6で敗れた。ところで、全米を席けんしている二刀流とゴジラの愛称でニューヨークのファンに愛され続ける元ヤンキースの松井秀喜氏(47)はある最強伝説に導かれている。さらには米野球殿堂入りが確実視される元マリナーズのイチロー氏(47)、プロ野球界のレジェンド、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(85)、王貞治ソフトバンク球団会長(81)も同じだという。それは――。

ワイド特捜最前線
  • 五輪競技突入も… 止まらぬ「炎上聖火リレー」
  • 場所中に大麻使用 貴源治の黒い人脈情報
  • 森昌子が恐れた“身の危険” 熱狂ファンとのトラブル報道
  • 小山田起用のEテレ2番組放送休止 NHKのキャスティングに疑問の声
競馬・競輪・ボートレース・オートレース
  • <中央競馬>【土曜新潟・越後S】【日曜新潟・GⅢアイビスSD】
  • <地方競馬>浦和「東京スポーツ賞プラチナカップ」/船橋ナイター/門別ナイター/園田/名古屋
  • <ボート>芦屋SG「オーシャンカップ」/宮島/住之江ナイター「ヴィーナスS第8戦」/蒲郡ナイター/まるがめナイター/大村ナイター/今が“旬”
  • <競輪>岐阜FⅠ/武雄FⅡナイター/青森FⅡミッドナイト/伊東FⅡミッドナイト

本日の紙面は東京スポーツの内容を記載しています。大阪スポーツ、中京スポーツと内容が異なる場合があります。