• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 加護亜依が前夫に訴えられていた! 2児のママになった幸せの裏で何が?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加護亜依が前夫に訴えられていた! 2児のママになった幸せの裏で何が?


またも騒動に巻き込まれた加護

 23日に第2子となる男児を出産した元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依(29)が、前夫で飲食店経営の男性A氏から東京地裁に提訴され、現在係争中であることが24日、分かった。A氏は2015年、当時妻だった加護に暴行したとして傷害容疑で逮捕されたいわくつきの男。またも加護は前夫に足を引っ張られるのか…。所属事務所社長が加護の近況を明かした――。

 2児のママになった加護が幸せの裏で、法廷バトルの真っただ中にいるとは…。関係者が明かす。

「加護は前夫A氏から損害賠償を求められ東京地裁に去年、提訴された。加護、A氏はともに出廷せず代理人弁護士に任せている。去年夏ごろからは弁論準備手続きに入って完全非公開になり、審理を続けている」

 加護は2011年に当時40代のA氏とデキ婚。翌12年に第1子となる女児を出産した。

 だが、15年4月に離婚協議していることを公表。A氏による加護への傷害事件が起きたのは同年5月だった。1か月後の6月に離婚し、昨年8月にアラフォーの美容関係会社経営者と再婚している。

 今回発覚した訴訟で加護がA氏から具体的に何を請求されているか不明だが「いわゆるスラップ訴訟、つまり報復や威圧を込めて提訴した可能性もささやかれている」(関係者)。

 前夫との裁判を直接指しているわけではないだろうが、加護は昨年12月のブログで「今年の前半は本当に大変だったなぁ。プライベートはスムーズに物事が行かなくて辛いなと感じる日もあったなぁ~」などとつづった。

 今回の訴訟について加護の所属事務所社長は「弁護士の先生に一任している。特にコメントすることはない」と回答。一方、A氏の代理人弁護士は取材対応を拒否した。

 何かとお騒がせが多い加護だが、母親としては奮闘しているようだ。

 前出の加護の事務所社長は「昨日(23日)も母乳をあげて、今日も昼にあげた」と話す。加護は粉ミルクなどではなく、母乳で育てているという。気になる仕事復帰は、5月になる見込み。

「今後は育児と相談しながら。旦那さんは理解のある方。今のところ5月くらいからスケジュールが入っている。ライブ活動を中心にして、新しい曲をレコーディングする予定もある。妊婦の時の写真も撮っていて、この素材で何か新たに展開していければ。フォトエッセーとか」

 加護の第2子出産には、自身も2男1女の母であり、モー娘OGのタレント・辻希美(29)が24日、自身のブログで「あいぼん おめでとぉーっ」「出産してすぐに写真付きでLINEをもらい報告を受けました」と祝福した。

 07年に2度目の喫煙スキャンダルを報じられ当時の所属事務所を解雇されて以降、加護はモー娘OGと共演していない。

 前出の社長は「仲が悪いわけではないと思う。個人的には付き合っているOGの方もいると思う」と話しつつ「でも、仕事となるといろいろと(事情がある)。事務所同士の話し合いもある。彼女は共演にこだわっていない。チャンスがあれば考えるでしょう」とした。

 昨年8月に夫でカリスマ美容師・菊地勲氏に不倫報道が飛び出したタレントの小倉優子(33)は24日、自身のブログで芸能活動の再開を宣言。加護にとっては、辻も小倉も“ママタレ”の強力なライバルとなる。

“加護ちゃん”と呼ばれた10代のころのイメージがまだ強いが、2児の母となった今は、前夫との法廷バトルなど全く気にしていないのかもしれない。“母は強し”か――。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!