【奇天烈SHOP】「黒和さん」(発売元・タカラトミーアーツ、200円)パン窯に暮らすUMAの一種か

2021年09月12日 10時00分

黒和さん(母)。人に見つかることなく、このまま平穏な暮らしを続けてほしいものである

 クロワッサンだから黒和さん…感動的ともいえるネーミングの妙(ダジャレともいう)こそが、このアイテムの全て。というわけで、それ以上特に書くこともないのだが、そうもいかないのでもう少し説明を。

「黒和さん」(発売元・タカラトミーアーツ、200円)はカプセルトイのミニフィギュア。全身がクロワッサンでできているという“黒和一族”の暮らしぶりを表現した全5種のシリーズである。見た目の質感などはかなり本物のクロワッサンに近い(注・実際はプラスチック製なので食べられません)。

 ベーカリー「黒和堂」の窯の奥深くでひっそりと暮らしている家族(母・父・姉・弟・犬)は、姿形こそ人間や犬を模しているが、その正体はおいしいクロワッサン。だから食べられてしまわないように「人に見つかってはいけない」ことが唯一のルールになっているという。いわばUMAの一種ともいえるので、東スポに見つかったりしたら1面で大々的に報じられ、黒和さんたちは絶滅の危機に瀕してしまいそうだ。

 ちなみに今回ゲットしたのは「母」。寝そべったポーズなのは、テレビでも見ているところなのだろうか。父は新聞を読み、姉はスマホをいじっている。どこの家庭でも見られる光景だ。で、弟は…何か食べている。よく見ると、それはクロワッサン! ここに、平和なように見えてなにか不穏なコンセプトを感じてしまうのは私だけだろうか?

【関連記事】

関連タグ: