【奇天烈SHOP】「マジで破れる金庫」(発売元・ブシロードクリエイティブ、300円)本物さながらの構造だが…

2021年06月13日 10時00分

ダイヤル式のカギは極めてハイレベルな構造だが…

 全4種+シークレット1種がラインアップされた、カプセルトイのダイヤル式ミニチュア金庫。商品名が「マジで破れる金庫」というあたりに何やら不穏な空気を感じて100円玉3枚を投入してしまった。

 出たのは「ホワイト金庫」。プラスチック製なので質感がチープとはいえ、ダイヤルの構造などは本物の金庫さながらに、けっこうリアルだ。解除キーの数字はラインアップごとに設定されているが、意外と開けるのが難しい。左に○、右に○…というタイプで、目盛りの位置が少しズレただけでも開いてくれない。

 だんだんコツをつかんできたので開けられるようになったが、よく考えたら「マジで破れる金庫」っていうネーミング、ちょっとおかしくないか? だって金庫破りというのは、人様の金庫を開けて、中の金品を奪うという行為のはず。お金を出して買った金庫を自分で開けたって、そこには背徳的な快感などみじんもない。というか、自分の金庫を開けられなかったら困るだろうに。

 ともあれ、やっと開けられたので中に何か大事な物を収めてみようと思う。サイズ的には指輪などのアクセサリーが妥当なところだが、とりあえず500円硬貨を入れてロックしてみた。解除キーを知らなければほぼ開けることは不可能なので、これで誰にも盗まれることはないだろう。

 …いや、ちょっと待て。本物の金庫はその大きさと重さがあってこそ容易には盗まれないのだ。手のひらサイズのこの金庫なんて、そのままポケットに入れて持っていかれたらジ・エンド。500円玉は財布に戻すことに…ちくしょう、またうまく開かない!

【関連記事】

関連タグ: