【鉄旅タレント木村裕子の日本全国おもしろ鉄道】完売チケット入手の裏技

2021年05月05日 16時00分

廃止が決まった夜行列車「はまなす」。指定券は超入手困難でしたが…

 GW真っただ中ですね! いつもなら今ごろ、日本中が旅行客であふれているころですが、今年はおうちで過ごす方が多いと思います。先日、JR東海が発表したGW期間の新幹線指定席予約状況は、新型コロナウイルスの騒動が起きる前の前々年度比17%だそうです。でもきっと、いつかまた自由に旅行に行けるGWがやってくると思います。その日のために、「知ってる人は断然有利! 鉄道ファンがこっそりやっている、完売チケットを入手する裏技」を2つ教えたいと思います。

 裏技というとネットオークションで高額な金額で落とす方法、なんてものを思い浮かべるかもしれませんが、良識ある鉄道ファンはそんな手は使いません! 鉄道知識を生かして、キャンセル待ちをするんです。

 例えば指定席特急券の場合、出発の2日前までなら1枚につき340円の払い戻し手数料がかかりますが、前日と当日に払い戻すと30%の手数料がかかります。仮に1万円のチケットとすると3000円も取られてしまうため、手放す人は2~3日前にキャンセルを行うことが多いんです。

 そこで鉄道ファンは、お目当てのチケットが完売の場合、乗車の2~3日前に券売機を何度も叩いて確認します。私の経験からお伝えすると、2日前の夜の帰宅時間が狙い目。ずっと「満席」になっていた表示が突然、「空席あり」に変わるんです。そんなタイミングに何度も遭遇して、完売したチケットを手に入れました。ぜひ2日前に、券売機に張り付いてみてください。

 もう1つの裏技は、大手旅行会社に頼んでおくこと。実は大手旅行会社は、みどりの窓口にある端末と同じものを持っているんです。そのため、例えば「〇月〇日の臨時列車に空きが出たら取っておいてほしい」と頼んでおくと、店員さんが定期的にキャンセルが出ていないか確認してくれます。しかも手数料は無料! 私はこの方法で、廃止が決まって連日完売になっていた寝台列車のチケットを、無事ゲットすることができました。ただし、この端末を持っていない旅行代理店は、手数料がかかるので、あらかじめ確認してください。

 ここで木村ポイント! 大型連休直前は、みどりの窓口に長蛇の列ができていることがありますよね。私はこういう場合も、近くの大手旅行会社へ行きます。するとあまり待つことなく、JRの切符を買うことができるのでオススメです。それではいつかこの裏技を使って、旅行へ出発進行~!

☆きむら・ゆうこ 1982年8月17日生まれ。愛知県出身。鉄道をこよなく愛する鉄旅タレント。2015年にはJR、私鉄、地下鉄、ケーブルカー、モノレールなど、日本全国にある鉄道を全線乗車する「日本国内鉄道全線完乗」を達成。乗車した走行距離は約2万8000キロ。

【関連記事】

関連タグ: